15代目トヨタ・クラウンがデビュー。若返りを狙ってクーペ風に変身【今日は何の日?6月26日】

■コピーは「挑戦と革新を続けるコネクティッドカー」

2018(平成30)年6月26日、15代目のトヨタクラウンが登場しました。先代に続いてユーザーの若返りを図り、クーペ風のスタイリングに変貌。また、トヨタが進めるコネクティッドカーの第1弾として、フラグシップのクラウンが選ばれました。

2018年にデビューした15代目クラウン。6ライトウィンドウを採用しクーペ風に変貌
2018年にデビューした15代目クラウン。6ライトウィンドウを採用しクーペ風に変貌

●日本初の完全オリジナル国産車として登場した初代クラウン

1955年、日本初の本格乗用車として初代クラウンとなる「トヨペットクラウン」がデビューしました。当時のクルマは、GMやフォードの部品と技術を使って組み立てるだけの名ばかりの国産車でしたが、トヨタが目指したのは、完全オリジナルの国産車の製造でした。

1955年に登場した初代クラウン「トヨペットクラウン」
1955年に登場した初代クラウン「トヨペットクラウン」

トヨペットクラウンは、高出力の1.5L直4OHCエンジンを搭載。高速時代に対応して最高速度は100km/hを超えました。全輪独立懸架(ダブルウィッシュボーン)やハイポイドギアのデフなど、当時の最新技術を採用することで、優れた走りと乗り心地を実現。クルマの出来栄えは、当時の外国部品で組み立てたクルマより優れ、高い人気を獲得しました。このトヨペットクラウンの登場を機に、日本のモータリゼーションに火が付き、その後各メーカーから続々とオリジナル国産車がデビューすることになります。

●リアドアの後ろにも窓がある6ライトウィンドウを採用

クラウンは、その後もモデルチェンジを繰り返しながら、日本を代表する高級車として自動車技術をリードしてきました。そして、迎えた2018年のこの日、14回目のモデルチェンジによって15代目クラウンが登場したのです。

15代目クラウンの豪華なインテリア
15代目クラウンの豪華なインテリア
15代目クラウンのクーペ風の流麗なボディライン
15代目クラウンのクーペ風の流麗なボディライン

新型クラウンは、ユーザーの若返りを図り、6ライトウィンドウを採用しクーペ風のスタイリングに変貌。キャッチコピーは、「挑戦と革新を続ける初代コネクティッドカー」です。トヨタの新しい設計思想「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」で統一され、安全技術は第2世代「トヨタセーフティセンス」が標準装備。パワートレインについては、高効率のダイナミックフォースエンジンをベースにした2L直噴ターボエンジンと、2.5Lおよび3.5Lベースのハイブリッドの3種が用意されました。優れた環境技術は当然のこと、上質の走りとともに、スポーティさが加わりました。ただし、セダンの冬の時代は深刻で、クラウンといえども販売は決して好調とは言えませんでした。

●トヨタ初のコネクティッドシステムを搭載

新型クラウンのもう一つの注目は、車載通信機器などによって「つながるクルマ」を具現化したコネクティッドカーの第1弾となったことです。

コネクティッドカーの一例
コネクティッドカーの一例
コネクティッドシステムの概要
コネクティッドシステムの概要

コネクティッドシステムとは、車内に装備した車載通信機器からコールセンターやディーラー、SNSなどにアクセスして様々な情報のやり取りができる技術です。具体的には、クルマの状態をドライバーに伝えて、メンテナンスのアドバイスや案内、エアバッグ展開(事故)時にコールセンターを介して警察・消防署へ通報することなどです。さらに、ITS(高度道路交通システム)と連携して緊急車両の接近を教えたり、赤信号を警告したり、右折時に対向車や歩行者がいることを警告することなども可能となります。


高級車の代名詞であるクラウンは、1955年の初代の登場以降、67年間の歴史とともに進化してきました。そして、7月15日に登場するといわれる次期型は、FFベースの4WDでSUVテイストの4ドアプレミアムファストバックサルーンではないかとされています。最初に流れたSUV化は凍結したようですが、セダンはもはやシーラカンスのような存在ですね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。