シトロエンの高級ブランド「DS」、最小モデル改良型を初スクープ

■フロントの垂直DRLが2ストライプスデザインに進化

シトロエンDSブランドで販売する、「DS3クロスバック」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

シトロエン DS3_007
シトロエン DS3クロスバック 改良型 プロトタイプ

フィアットクライスラーオートモービルズと、PSAグループの大規模な合併であるステランティスは、12メーカー以上のブランドを1つの傘下に置きましたが、そのうちの1つがシトロエンの高級サブブランドであるDSです。

シトロエン DS3_009
シトロエン DS3クロスバック 改良型 プロトタイプ

DS3クロスバックは、DSオートモービルが2009年から販売していたBセグメント・3ドアハッチバック&セミオープンカー「DS3」後継モデルとして2019年に登場、これが初の大幅改良となります。

捉えたプロトタイプは、フロントエンドをがっちりとカモフラージュ。そのディテールを確認するのは不可能です。

しかし、バンパーに取り付けられた垂直LEDデイタイムランニングライトが、新しい「DS4」コンパクトハッチバック/クロスオーバーにインスパイアされた、2ストライプスデザインに進化していることが確認できます。またヘッドライトのアウトラインに変化はなさそうですが、内部グラフィックが新設計されているように見えます。

さらにグリルは拡大され、下部エアインテークに接続されたシングルグリルが採用される可能性がありそうです。

後部は偽装がなく、現行型と同じデザインが見てとれますが、今後LEDテールライトのグラフィックを初め、バンパーなどもリフレッシュ、ホイールデザインやボディカラーの追加も期待されます。

市販型では、「CPM/eCMP」アーキテクチャ(CommonModularPlatform)を採用、ターボチャージャー付きの1.2 Puretechガソリン、1.5 BlueHDiターボディーゼル、およびE-Tenseエンブレムを備えた完全電動パワートレインなどがキャリーオーバーされると予想されますが、新たにマイルドハイブリッド技術が導入される可能性もあるでしょう。

DS3改良型のデビューは、2023年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?