ル・マンに「マツダ 787B」のロータリーサウンドが帰ってくる

■「ミスター・ル・マン」こと寺田陽次郎氏がステアリングを握る

このほどマツダは、2022年6月30日~7月3日(現地時間)、フランスの「ル・マン サルトサーキット」で開催される「ル・マン クラシック2022」において、「マツダ 787B」がデモ走行すると明らかにしました。

「マツダ 787B」は、1991年にロータリーエンジンで世界初であり、日本の自動車メーカーとしても初となる総合優勝を成し遂げています。

マツダ 787B
「ル・マン クラシック2022」でデモランを行う787B

車両重量830kgという軽量ボディに、最高出力700PSの4ローターエンジンを搭載。量産「13B」エンジンと同じローター形状を持ち、ローターハウジングが4枚直列配置されたレース用NAエンジンで、ペリフェラルポート吸排気をはじめ、電子制御インジェクションやリニア可変吸気システム、3プラグ点火、セラミック製アペックスシールなどの採用により、700PSという最高出力を発生。

高回転域でパフォーマンスを発揮する4ローターエンジンは、特有の甲高いエキゾーストサウンドを奏でていました。

マツダ 787B
2011年のデモランの様子

今回のデモランは、優勝から20周年の2011年および、ル・マン24時間レース90周年の節目の2013年以来。9年ぶりにロータリーサウンドがル・マンの地に響くことになります。

ル・マン優勝から30年を迎えた2021年にマツダは、「ル・マン クラシック」での「マツダ 787B」の走行を予定していたそうですが、新型コロナウィルス感染症の拡大に伴いイベントが延期になっていました。

昨年の代替イベントとして開催される今年の「ル・マン クラシック」において、モデルカーブランド「Spark」の協力のもと、グループCレースが開催される7月1日と2日に、ル・マン出場回数29回の実績を誇る「ミスター・ル・マン」こと寺田陽次郎氏のドライブによりデモン走行が行われます。

今年で99年目を迎えたル・マン24時間レース。「ル・マン クラシック」は、過去参戦してきた数々のレース車両が2年に一度集まり、サルトサーキットでの走行を披露する人気イベント。

時代ごとの各カテゴリーに分かれて約60分で競われるグループCレースは、トヨタトムス85Cやポルシェ962、ジャガーXJR、プジョー905など、耐久レースの歴史に名を残す名車の出場が予定されています。

塚田 勝弘

【関連リンク】

マツダ 787B ル・マン優勝30周年記念特設サイト
https://www.mazda.com/ja/innovation/lemans30th/