「ミッドナイトアメジスト」の特別カラーをまとう20台限定のジャガー「F-PACE SVR EDITION 1988」が登場

■5.0L V8スーパーチャージャーを積むハイパフォーマンス仕様がベース

ジャガー初のSUVとして2016年1月に日本でも受注が開始されたF-PACE。ドイツ勢が強さを発揮するプレミアムSUVの中でも存在感を放っています。2022年6月17日、特別仕様車「F-PACE SVR EDITION 1988」の受注が開始されました。

ジャガー F-PACE SVR EDITION 1988
「F-PACE SVR EDITION 1988」の精悍なエクステリア

「SVR」のネーミングからも分かるように、ジャガー・ランドローバーのパーソナライゼーションを専門に担うスペシャリストチームのSVビスポークが手がけたスペシャルなモデルです。

「F-PACE SVR EDITION 1988」は、1988年に世界スポーツプロトタイプ選手権で優勝した「XJR-9」の成功にちなんで仕立てられています。

ジャガー F-PACE SVR EDITION 1988
「F-PACE SVR EDITION 1988」のリヤビュー

0-100km/h加速は4.5秒、最高速286km/hを誇る5.0L V型8気筒ガソリンスーパーチャージャーが搭載された「F-PACE SVR」がベース。世界限定394台のうち20台が日本に導入されます。

エクステリアで目を惹くのが、特別に配合されたという「ミッドナイトアメジスト(グロスフィニッシュ)」。

ジャガー XJR-9
ジャガー「XJR-9」がモチーフになっている

足元には「シャンパンゴールドサテンフィニッシュ」の22インチ鍛造アロイホイールが用意され、スタイリッシュな仕立てになっています。ほかにも、テールゲートに配された「サテンゴールド」のジャガーリーパー(エンブレム)とロゴ、「EDITION 1988」のバッジも特別仕様車であることを物語っています。

ジャガー F-PACE SVR EDITION 1988
インテリアもゴールド系の加飾が印象的

インテリアにも「サテンゴールド」のアクセントが随所にレイアウトされていて、限定394台中の1台であることを表す「ONE OF 394」の証がダッシュボードエンドキャップに配置されています。

ジャガー F-PACE SVR EDITION 1988
「F-PACE SVR EDITION 1988」のアルミホイール

そのほか、ヘッドアップディスプレイ、インタラクティブドライバーディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージング、プレミアムキャビンライティング、JaguarDriveコントロール(アダプティブサーフェイスレスポンス付)、MERIDIANサラウンドサウンドシステム、パークアシスト、Wi-Fi接続(データプラン付)などの装備、機能が用意されています。

●価格:1760万円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。