カローラクロスのテイストも?キャデラック新型コンパクトSUV「GT4」特許画像がリーク

■ライバルはメルセデス・ベンツ「GLA」やBMW「X2」

キャデラックが現在開発中とみられる、新型クロスオーバーSUV「GT4」とみられる特許画像が流出、スウェーデンのエージェント経由で入手しました。

キャデラック GT4_007
キャデラック GT4 特許画像

GT4は「XT4」の下にラインアップされ、メルセデス・ベンツ「GLA」やBMW「X2」などと市場で争う、エントリーレベルのクロスオーバーSUVです。

キャデラック GT4_005
キャデラック GT4 特許画像

特許画像では、非常にスリムな釣り上がるヘッドライトを装着。おなじみのキャデラックグリルも確認できますが、他モデルでみられるような、ヘッドライトから垂直に下部に伸びるLEDデイタイムランニングライトは装備されていないようです。その代わりにコーナーエアインテークにL字型のDRLが配置される可能性がありそうです。

そのほか、膨らみをもったフード、プラスチック製のボディクラッディング、合理化されたボディワーク、そしてリアピラーにはクロームの「GT4」バッジなどが見てとれます。

このアクセントはトヨタ「カローラクロス」で見られたものですが、ブランドのトレードマークであるテールライトからもリアエンドは間違いなくキャデラックと言えるでしょう。

GT4では少なくとも2つのグレードがあり、「ラグジュアリー」と「スポーツ」が提供され、後者では黒いメッシュグリル、クワッドエキゾーストシステムなどが予想されます。

パワートレインは、1.5リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載する前輪駆動と、2.0リットル直列4気筒を搭載する全輪駆動がラインアップされると思われます。

市販型では、「XT4」を支える「E2XX」プラットフォームを採用、2022年第3四半期に発表され、SAIC-GMにより生産されるといいます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?