プジョー408に初のクーペクロスオーバー「X」誕生へ

■高いボディと大きなホイールを備えたダイナミックなファストバックサルーン

プジョーは現在、全く新しいスタイルの「408」を開発していますが、そのデビューが6月22日(水)に決定するとともに、最新のティザーイメージを公開しました。

プジョー 408X_006
プジョー 408X ティザーイメージ

生まれ変わる408は、最近プジョーが中国市場向けに発表したセダンとステーションワゴンとは全く異なり、新型モデルはブランド初となるクーペクロスオーバーSUVとなります。

プジョー 408X_007
プジョー 408X ティザーイメージ

市販型の最終デザインは不明で、ティザーイメージでは、「線とボリュームの知覚をぼかす」グラフィックでラップされています。

しかし、プジョーは「高いボディと大きなホイールを備えたダイナミックなファストバックサルーン」と表現、2022年内に日本市場導入が決定しているシトロエンの新フラッグシップモデル「C5 X」を彷彿させるデザインが予想されます。またフロントエンドは308ハッチバックや508セダンに非常に似ており、バンパーにはプジョーのシグネチャーLEDが配置されています。

後部では、空力ルーフラインが急傾斜のリアウィンドウシールドと統合されたスポイラーに繋がり、ファストバックの外観を完成させています。水平基調のLEDテールライトはスリムで、おそらくストリップライトにより相互接続されているはずです。そのほか、黒いプラスチック製のクラッディング、筋肉質のリアショルダー、テールゲートまで届く特徴的なリアウインドウラインも見てとれます。市販型では、シトロエンC5 Xと同様のEMP2プラットフォームのストレッチバージョンに乗る可能性が最も高いでしょう。

パワートレインは、プラグインハイブリッドがほぼ確定です。現在ステランティスのPHEVは、FWDセットアップと最高出力180ps、または225psを発揮するものと、AWDセットアップで最高出力360psを発揮するものを提供していますが、408が既存のものをキャリーオーバーするのか、EV範囲を拡大したPHEVシステムの新しいバージョンを導入するのかは不明です。

新408のデビューは6月22日、中国では「408X」として発売されると思われます。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?