アルプスを颯爽と走る。アウディQ5改良型はフロントマスクが大変身

■より大きな開口部を持つインテークなどよりアグレッシブに

アウディが開発を進めるミッドサイズ・クロスオーバーSUV「Q5」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディQ5_007
アウディQ5 改良型プロトタイプ

現在アウディは多くの自動車メーカーと同様に、電動化を加速しています。

すでに、2026年に新しいガソリンエンジンモデルの開発を終了し、2030年代には内燃機関モデルの販売を完全に停止することを発表しています。

第3世代となる次期型は2024年の発売が予想されており、前出のスケジュールに当てはめると、アウディの最も売れているモデルの1つであるQ5にとって、次期型は最後のガソリンエンジンモデルとなることが濃厚です。

アウディQ5_011
アウディQ5 改良型プロトタイプ

オーストリア・アルプスで捉えたプロトタイプは、カモフラージュによりディテールが隠されています。

しかし、スリムなヘッドライト、新設計されたシングルフレームグリルの一部、バンパー両サイドの目立つエアカーテン、より大きな開口部を持つインテークなど、よりアグレッシブな表情となることが予想されます。

後部では、インジケーターと組み合わされた4つのダミーテールライトや一対のエキゾーストパイプが確認できます。

市販型では、『A8』や『Q8』を支える「MLB Evo」プラットフォームを採用、ホイールベースが延長され、居住空間が充実するほか、自動運転機能、接続機能、さらには4輪ステアリングなど、あらゆる種類の高度な技術が利用できるようになるでしょう。

内部はまだ撮影されていませんが、スクリーン、安全技術、ドライバーエイド、最新のインフォテインメントグッズが満載で提供されるはずです。

パワートレインは不明ですが、さまざまなガソリンエンジンとディーゼルエンジン、ハイブリッド、プラグインハイブリッドなどのラインアップが期待できるでしょう。

Q5改良型のデビューは、2023年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?