ベントレー「コンチネンタルGT」にブラックの加飾やレッドキャリパーが際立つスポーティグレードの「S」「GTC S」を追加

■スポーツエキゾーストや完全新設計の22インチアルミホイールを採用

4人乗りの2ドアスポーツクーペ「コンチネンタルGT」に、走りやスポーティな外観を際立たせた「Sモデル」が加わります。ベントレーは、快適性を重視した「アズール」に続き、新たにクーペ仕様の「コンチネンタルGT S」とオープンモデルの「コンチネンタルGTC S」を発表しました。

ベントレー コンチネンタルGT
コンチネンタルGTに加わる「GT S」

「S」の名にふさわしいハイパフォーマンスモデルで、4.0L V8モデルのコンチネンタルGTの中でもスポーティなキャラクターが強調された仕様になっています。4.0L V8ユニットは、最高出力550PS、最大トルク770Nmを誇り、0-100km/h加速は4.0秒でクリア。V8エンジンの鼓動を強調するべく、「GT S」と「GTC S」には、スポーツエキゾーストが標準で備わります。

コンチネンタルGT
オープンモデルの「コンチネンタルGTC S」

同エンジンは、軽快な吹け上がり、優れたレスポンスを実現しているそうで、俊敏な走りに貢献。

48V電動アクティブ・アンチロール・コントロール・システム「ベントレーダイナミックライド」も搭載されています。急なコーナーでは、各アンチロールバーに内蔵されたモーターが最大1300Nmのトルクを0.3秒以内に発生。コーナリングフォースを抑制してロールを最小限に抑えることで、類いまれなフットワークを実現するとしています。一方で、巡航時は、左右ホイールを切り離すことで快適な乗り心地を両立しているそう。

コンチネンタルGT
完全新設計の22インチアルミホイールは、Y字型の5本スポークを備える

ブラックの加飾が際立つエクステリアは、ブラックグロスのラジエターグリル、ブラックのブライトウェアをはじめ、フロントフェンダーのSバッジなどにより精悍なムードを漂わせています。ヘッドライトとテールランプは、ダークティント、エクステリアのブライトウェアはすべてグロスブラック仕上げになり、「ウイングドB」のバッジと「BENTLEY」のロゴがブライトクロームで仕立てられています。また、リヤウイングは、ダークなエクステリアにマッチするグロスブラックになります。

ベントレー コンチネンタルGT
スポーツエキゾーストを標準装備

そのほか、フロントフェンダーのSバッジ、クアッドエキゾーストテールパイプ(ブラック)、「コンチネンタルGTスピード」と共通のブラックのシルエクステンダーなどもエクステリアを引き締めています。

足元のアルミホイールは、完全新設計の22インチで、Y字型の5本スポークの仕上げは「グロスブラック」、新設定の「ペールブロッガーサテン」から選択可能です。さらに、レッドペイントのブレーキキャリパーがスポーティな雰囲気を醸し出しています。さらに、「S」モデルにはグロスブラック仕上げとブライトマシニング仕上げが施された専用の21インチトライスポークホイールも用意。

ベントレー コンチネンタルGT
ブラックとレッドのコーディネイトが際立つ「S」モデルのインテリア

一方のインテリアもスポーツモデルらしい引き締まった世界観を表現。ハイパフォーマンスを誇示するように、Sモデル専用のツートンカラースプリットが目を惹きます。ステアリングホイール、ギヤシフトレバー、シートクッション、シートバックレストには、スエード調の「ダイナミカ」が備わり、スポーティな走りを支える心地良い肌触りが得られるそうです。

シートボルスターやドアパッド、インパネやコンソールまわりには、レザーハイドを配置。ベントレーが誇る最高級レザーと「ダイナミカ」がコーディネイトされたインテリアに、レザーの滑らかさとダイナミカのソフトな起毛仕上げが共存しています。

ベントレー コンチネンタルGT
各ヘッドレストに「S」のエンブレムを配置する

ドライバーインストルメントパネルもスポーティさを強調したデザインになっています。パフォーマンスを意識したグラフィックは、「コンチネンタルGTスピード」と共通。

また、「S」デザインのフルートシートは、オプションでキルティングも選択可能です。さらに、各ヘッドレストには、「S」のエンブレムも刺繍されます。無償オプションでベントレーウイングの刺繍に変更することも可能。

ベントレー コンチネンタルGT
専用のイルミネーテッドトレッドプレートを用意

フェイシアの金属製「S」バッジは、インテリアのさりげないアクセントになっていて、イルミネーテッドトレッドプレートには、「Bentley Motors Ltd」の代わりに「S」のデザインが刻印されるなど、ディテールまで「S」モデルらしいこだわりが貫かれています。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。