これが「革命的なプレミアムクラスのサルーン」になる? VW・エアロBをスクープ

■2018年に公開された「ID Space Vizzion」の市販バージョンはフェートン級の車内空間

フォルクスワーゲン(VW)は現在、ブランド初のフルエレクトリック・セダンとなる「AeroB」(エアロB)を開発中ですが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

VW エアロB_001
VW エアロB市販型プロトタイプ

エアロBは2018年に公開された「ID Space Vizzion」の市販バージョンとして開発されているモデルです。

同社のニュルブルクリンクテストセンター付近で捉えた開発車両は、コンセプトモデル同様のショルダーラインが確認できます。

フロントエンドは部分的にステッカーで隠されていますが、スリムなヘッドライト、メッシュのアンダーエアインテーク、垂直のエアカーテンが見てとれます。

側面では、際立つフェンダー、空力サイドスカート、フラッシュマウント・ドアハンドル、そして緩やかに傾斜したルーフラインが確認できるほか、後部では、突き出たリアスポイラーを装備、トランクに結合しています。

VW エアロB_013
VW エアロB市販型プロトタイプ

市販型ではパサートと近いサイズになりますが、車内空間はかつて販売していたラグジュアリーサルーン「フェートン」と同レベルになるといいます。

「MEB」プラットフォームを共有する「ID.3」では77kWhのバッテリーを積み、WLTPによる航続は550kmですが、エアロBでは84kWhのバッテリーにより最大700km(435マイル)の航続を誇ります。

同社はこの新型車を「革命的なプレミアムクラスのサルーン」になると語り、セダンのほかにシューティングブレークのボディスタイルも加わることがわかっています。

ベースモデルは後輪駆動が標準となりますが、ホットモデルとなる「GTX」では全輪駆動を採用。ベースモデルが0-100km/h加速8.5秒なのに対し、GTXでは5.6秒で走り抜けます。

ワールドプレミアは2023年内と予想され、ドイツのエムデンにあるVW工場で生産予定となっています。最終的な名称は不明で、現段階で「ID.Aero(ID.エアロ)」が最有力候補と噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?