わずか800cc。スズキがインド専用のディーゼルエンジンを発表【今日は何の日?6月3日】

■インドで人気のセレリオのために自社で最小ディーゼルエンジンを開発

2015(平成27)年6月3日、スズキが排気量0.8Lの2気筒ディーゼルエンジンを自社開発したことを発表。インドの子会社「マルチ・スズキ・インディア」が生産・販売する「セレリオ」に搭載して、インド市場に投入されました。

世界最小の乗用車用0.8L 2気筒ディーゼル
世界最小の乗用車用0.8L 2気筒ディーゼル

●インド市場を席巻するスズキ

スズキが初めてインド市場に進出したのは、インド政府との合弁会社「マルチ・ウドヨグ社」を設立した1983年まで遡ります。最初に発売した「マルチ800」が、低燃費・低価格が評価されて大ヒット。このモデルは日本でヒットしていた「アルト」をベースに、排気量を660ccから800ccに拡大したモデルでした。

1982年10月2日_インド・マルチ社と正式調印
1982年10月2日_インド・マルチ社と正式調印

その後も人気モデルを投入して、1990年代にはインド乗用車市場の80%を占めるまで急成長します。その後、他社の上級乗用車による追い上げもあり、現在のシェアは50%程度に下がりましたが、それでもスズキのインド市場での優位性は変わりません。ちなみに、2007年に民営化されて、社名は「マルチ・スズキ・インディア」に変更されました。

●2000年以降インドではディーゼル車が大人気

インドでは2000年を過ぎた頃からガソリン価格の高騰に伴い、燃費の良いディーゼル車の人気が急上昇。欧州のメルセデスBMW、韓国のヒョンデなどが積極的にディーゼル車を投入し始めました。スズキもフィアット製の2.0Lおよび1.6L、1.3Lディーゼルをライセンス契約で生産して、スイフトSUVSX4」などに搭載して販売しています。

●乗用車としては世界最小のディーゼルエンジン

新型0.8L 2気筒ディーゼル搭載の2015年発売の2代目セレリオ
新型0.8L 2気筒ディーゼル搭載の2015年発売の2代目セレリオ

発表されたスズキ自社開発の小型ディーゼルエンジンは、インドで人気の「セレリオ(日本には未導入)」に搭載。排気量0.8L直列2気筒DOHCのアルミ製ターボディーゼルで、現在乗用車としては世界最小のディーゼルエンジンです。

2021年デビューの最新セレリオ
2021年デビューの最新セレリオ

高圧でシリンダー内に直接燃料を噴射するディーゼルエンジンでは、排気量(ボア径)を小さくすることは燃焼面で難しく、しかも振動面で不利な2気筒という組み合わせは、排ガスや振動・騒音面でも厳しい選択です。その難題を克服するために新型エンジンでは、圧縮比を15.1と低く設定し、振動を抑えるためにフライホイールの最適化や車体剛性の強化、遮音材の追加などで対応しています。


現在日本では、軽を含めて乗用車に2気筒エンジンを搭載したモデルはありません。また1L以下のディーゼルエンジンも存在しません。かなりチャレンジングなエンジンですが、比較的商品性への要求が緩いインド市場だから成立するのであって、日本では実用化するのはかなりハードルが高いですね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。