シトロエンの名車「2CV」が復活するのか? EVモデルを大予想

■特徴的なボンネットなどオリジナル2CVの象徴的シルエットを維持

シトロエンの名車「2CV」が復活する可能性があるという噂を入手、その予想CGを公開します。

シトロエン 2CV_013
シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG

2CVは、1949年から1990年まで販売されたシトロエンの人気モデルで、1996年には20世紀を代表するクルマ「カー・オブ・ザ・センチュリー」においてベスト26にも入った名車です。

シトロエン 2CV_012
シトロエン 2CV エレクトリック 予想CG

近年、フォルクスワーゲン(VW) ID.Buzzをはじめ、フィアット500、ホンダeなど、レトロモデルにインスパイアされたEVモデルが普及していますが、2CVもミニマリストデザインのフルエレクトリックモデルとして復活する可能性があるといいます。

デザイナーのDejan Hristov氏に協力を得た予想CGは、丸みを帯びたルールラインの形状、際立つフェンダー、特徴的なボンネットなど、オリジナル2CVの象徴的シルエットを維持している様子がうかがえます。

一方、コンパクトなLEDヘッドライト、ミニマリストグリル、デジタルミラーなど、エレクトリックモデルの現代デザイン要素を持ち合わせています。

足回りには大径のタービンスタイルホイールを装備、最低地上高は若干上げられクロルオーバーテイストが伺えるほか、プラスチック製のクラッディングはバンパーとサイドシルの下部のみに使用、見た目を上品に保っています。

かつての2CV内部では、手動ワイパー、エアコンの欠如などがみられましたが、現代版ではインフォテインメントタッチスクリーン、温度調節、電動ウィンドウ、オーディオシステムなど、必要設備はフル装備されるはずです。

果たして新たなレトロEVは誕生するのか? 注目されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?