新型アルピーヌA110を自分好みのカラーで染められる「スタンダードオプション」「アトリエアルピーヌ」を開始

■アルピーヌ推奨オプションを組み合わせた「エッセンシャルパッケージ」も用意

アルピーヌ・ジャポンは、「東京オートサロン2022」でも披露された新型アルピーヌA110を上陸させ、すでに受注を開始しています。2022年5月20日(金)、同社は、新型アルピーヌA110の「スタンダードオプション」と「アトリエアルピーヌ」という受注生産プログラムを開始しました。

アルピーヌA110
「スタンダードオプション」の組み合わせ例

同モデルをカスタマイズできる「スタンダードオプション」は、台数限定の特別なボディカラー、特別色のアルミホイール、特別カラーのブレーキキャリパーを揃えるプログラムで、自分好みの仕様に仕立てることができます。

アルピーヌA110
「スタンダードオプション」のブレーキキャリパーカラー

具体的には、7色のボディカラーをはじめ、5種類のアロイホイール、2色のブレーキキャリパー、フロントスプリッターとリヤスポイラーからなるエアロキット、カーボンルーフ、2種類のインテリアをラインナップ。なお、ホイールとブレーキャリパーは、グレードによって装着できるタイプ、カラーが異なります。

アルピーヌA110
「スタンダードオプション」のアルミホイールの一例

「アトリエアルピーヌ」には、先代のアルピーヌモデルに採用されていたボディカラーが再現された20色の特別なボディカラーをはじめ、9種類(3デザイン×3色)のアロイホイール、4色のブレーキキャリパーを用意。

これらから2つのオプションを自由に組み合わせることで、新型アルピーヌA110を自分好みに仕立てることができます。

また、どちらのオプションもステアリング位置を選ぶことが可能。これらオプションに加えて、アルピーヌA110、A110GT、A110Sに、アルピーヌ推奨オプションがあらかじめ組み合わされた「エッセンシャルパッケージ」も設定されています。「エッセンシャルパッケージ」の組み合わせは、スタンダードオプション、アトリエアルピーヌでは組み合わせることができない特別なパッケージオプションになっています。

アルピーヌA110
「アトリエアルピーヌ」のボディカラー
アルピーヌA110
「アトリエアルピーヌ」のボディカラー

選択肢や組み合わせは豊富ですから、コーディネイトに悩む方も多いはず。アルピーヌ・ジャポンのオフィシャルサイトでは、コンフィギュレーターによる画像で確認できます。

塚田 勝弘

【関連リンク】

アルピーヌ・ジャポンオフィシャルウェブサイトコンフィギュレーター
https://www.alpinecars.jp/configurator/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。