新型レクサスRX、フロントマスク先行公開。内部には12.3インチタッチスクリーンを搭載

■ハイエンドには電化された2.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン搭載

レクサスは、米国市場で最も売れているクロスオーバーSUV「RX」次期型のティザーイメージを初公開するとともに、6月1日(水)にワールドプレミアすることを公式発表しました。

レクサス RX_001
レクサス RX 新型 ティザーイメージ

4代目となる現行型RXは2015年にデビュー、これが7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

レクサス RX_003
レクサス RX 新型 ティザーイメージ

公開されたフロントエンドの画像からは、グリルの側面にL字型デイタイムランニングライトを備えたスリムなヘッドレストを装備。

よりスポーティになったエアインテーク、お馴染みのスピンドルグリルが確認でき、新設計されたノーズはコンパクトSUV『NX』を彷彿させます。

キャビン内には、NXやUXでみられる12.3インチのタッチスクリーンを備えた最新のインフォテイメントを搭載、「Lexus Safety System+2.5ADAS」を標準装備します。

パワートレインは、自然吸気の3.5リットルV型6気筒は、2.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンに置き換えられ、電動化される可能性が高いです。

オンラインによるワールドプレミアは、6月1日(水)AM9時です。

(APOLLO)