公式デビュー直前。レンジローバー スポーツ次期型、これが市販型デザインだ

■簡素化されたLED、スリムになったヘッドライトとグリルを装備

ランドローバーは、クロスオーバークーペSUV「レンジローバースポーツ」次期型のワールドプレミアが迫っていますが、そのエクステリアデザインを大胆予想しました。

レンジローバースポーツ_007
ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG

レンジローバースポーツ次期型は2020年2月に初めてスクープ、以降2年以上が経過し、ついにワールドプレミアの準備が整ったようです。同社では、RRスポーツのデビューについて「グローバルな公開において劇的なデビュー」が待っていると述べています。

レンジローバースポーツ_008
ランドローバー レンジローバースポーツ次期型 予想CG

予想CGを提供してくれたのは、おなじみKOLESA.LUです。そのフロントエンドには簡素化されたLEDデイタイムランニングライトとともに、スリムになったヘッドライトとグリルを備えています。

バンパーインテークは3分割デザインではなく、車幅に広げられていることがわかります。

側面では、ルーフは滑らかに下がるルーフエンド、ヴェラールスタイルのポップアップドアハンドルも確認できるほか、足回りにはスパイショットでみられたホイールを再現しています。

後部では、ダブルシャークフィンアンテナ、四角いデュアルエキゾーストパイプ、バンパーに取り付けられたナンバープレートホルダーもプロトタイプに忠実に制作されています。

レンジローバースポーツ_002
ランドローバー レンジローバースポーツ次期型プロトタイプ

市販型では、フルサイズバージョンを支える「MLA-Flex」プラットフォームのアップデートバージョンを採用。エンジンオプションは、マイルドハイブリッドの直列6気筒ガソリンエンジン、およびディーゼルユニットをラインアップします。

またプラグインハイブリッドはBMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンが有力とされており、レンジトッピングの「SVR」では、BMW「X5M」から4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを移植、電動化され、最高出力は615psを発揮。0-100km/h加速は4.0秒のパフォーマンスを発揮すると予想されています。

レンジローバースポーツ次期型のワールドプレミアは、5月10日とも噂されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?