ホンダアクセスが発売前の新型STEP WGN(ステップワゴン)用純正オプションパーツを展示【モータファンフェスタ2022】

■発売前の新型ステップワゴン。そのオプションパーツを展示!

4月24日(日)に富士スピードウェイで開催されたモーターファンフェスタ2022。そのホンダアクセスブースですごいものを発見!

ホンダアクセスのブースの様子
ホンダアクセスのブースの様子

なんと、5月26日に発売と告知されているホンダの新型STEP WGN(ステップワゴン)が展示されていたのです。

5月26日発売予定の新型新型STEP WGN用
5月26日発売予定の新型新型STEP WGN用

ホンダ車用の純正アクセサリーを開発販売するホンダアクセスですから、この新型ステップワゴンも当然、オプションパーツでカスタマイズされています。

展示されていた新型ステップワゴンに装着されていたのはEMOTIONAL SOLIDというシリーズのキットで、都会的な雰囲気を醸し出すきらびやかなパーツ構成となっています。

プラチナクロームメッキとなったフロントグリルと、LEDビーム付きのフォグライトガーニッシュがそのきらびやかなパーツ。これだけでハイセンスな雰囲気を醸し出しています。

そして専用アルミホイール MG-029は、ハイコントラストシルバー塗装で足元からもハイセンスを演出。新型ステップワゴン専用としての証は、「STEP WGN」のロゴ入りなところ。オーナーとなる方にとってはうれしいポイントとなるのではないでしょうか。

内装を見てみれば、国内のミドルサイズミニバンでは最大サイズとなる15.6インチのリア席モニターが装着されます。

こちらも国内のミドルサイズミニバンでは最大サイズとなる11.4インチ Honda CONNECTナビが装着されています。このナビはApple Car PlayとAndroid Autoに対応で、スマホも活用できる優れモノとなっています。

●FIT e:Hev Modulo Xは走りが違う!

新型ステップワゴンの後方にはFIT e:Hev Modulo X(フィット イーエイチイーブイ モデューロエックス)が展示されていました。

FIT e:Hev Modulo X
FIT e:Hev Modulo X

ホンダアクセスのこだわりパーツブランドであるModuloが、全身全霊を傾けて開発するコンプリートカーがModulo Xです。

エクステリアを見る限りでも専用グリルからフロントとリアのエアロバンパー、テールゲートスポイラーにガーニッシュ類と、細部はノーマルのフィットとは全く別物です。

これらのエアロ類は、全てトータルで空力性のを発揮するように設計されているので、高速道路などではしっかりとその違いが判るのがModulo Xのすごいところ。

「Modulo X」のロゴが刺繍された、ラックススェード×本革のコンビネーションシートも専用設定。

ディンプルレザーとスムースレザーを使い分けた専用本革巻ステアリングホイールや、専用本革巻セレクトレバーなど、人の手が触れる部分の素材にはかなり気を使っていることがわかるなど、かなりのこだわりが見えてきます。

専用のModuloホイールと専用のダンパーで足回りをトータルで性能アップ! アドバイザーの土屋圭市さんがしっかりと走りこんで作り上げた、走行性能と乗り心地の高いレベルでのバランスがModulo Xの真骨頂です。

●新型シビックをスポーティにするエアロとホイール

展示車両の3台目は新型シビック

新型シビック
新型シビック

このシビックのフロントとリアには、きっちりとキマったモデューロのエアロが装着されています。

フロントロアースカートは左右とセンターの3分割のセパレートタイプとなっており、スタイルを損なわずにフロントデザインを引き締めて整流効果を発揮します。

テールゲートスポイラーは、マウント部分をブラックとすることでフローティング感を見せており、ハイテクな印象を与えてくれます。

通常ではボディカラーと同色となるドアミラーのアッパー部分ですが、ベルリナブラックのドアミラーカバーを取り付けることによって視覚的に引き締められ、スポーティな感覚が増していきます。

また18インチ アルミホイール MS-038はガンパウダーブラック塗装と切削のコンビで複雑なデザインを表現しており、スポーティな引き締め感と高級感の両立を果たしています。

よりスポーティに高級感が演出できるという新型シビック用の純正パーツは、かなり注目です。

2022Moduloスマイルの新唯(あらたゆい)さん
2022Moduloスマイルの新唯(あらたゆい)さん

純正オプションパーツと言っても、かなりカッコいい高品質な製品を送り出すホンダアクセス。ホンダ車を買うならホンダアクセスの純正オプションパーツは要チェックです。

(写真・文:松永 和浩