初めて監督にお願いしたラリーのコ・ドライバー専用装備品とは?☆ 元SKE48梅本まどかのうめまど通信86

■全日本ラリー選手権・唐津で、チーム力の大切さをまた実感!

●競技中、集中しコ・ドライバーの仕事をちゃんとこなせるように用意してもらったラリコン!

梅本まどか
梅本まどかです♪

全日本ラリー選手権第2戦・ツール・ド・九州2022 in 唐津[2022年4月1日(金)~4月3日(日)]から、今シーズンのスタートを切った、元SKE48・梅本まどかです。

今季からマシンが新しくなる中で、中の装備がいろいろ変わった前回のうめまど通信vol.84でお話をしたのですが、その中で監督に今回、どうしても付けて欲しいと頼んだものがありました。

なんだと思いますか?

それは「ラリーコンピュータ monit」(ここからは略してラリコン)。

梅本まどか
携帯の下にあるのがラリコンです

今までのマシンには付いていたり、付いていなかったり。付いていない時は携帯アプリの「ARM」を使用していました!

これでも対応は出来なくないのですが、以前トンネルに入った時にGPSが拾えずに距離が増えていかなかったのです。リエゾン区間でもですが、SS中にトンネルがあった際に少し手間になってしまいました。

携帯アプリじゃできないわけでは決してないのですが、村田康介選手とも以前「JN6だから今回はいいけど、クラスが上がったらもっとノートも精度を上げたいね」と話していたので、「JN1に上がるので今回からはないと困ります」と監督に頼み、付けてもらうことにしました。

監督、ありがとうございました!!!

●ラリー専用のラリーコンピューターはやっぱり優れもの!

やはりラリコンだとボタンも押しやすく、とても使いやすい! これだけのことですが、こういった1つ1つ、ちょっとずつの積み重ねがラリーでは重要になっていきます。

梅本まどか
ARMのツイントリップです!

Team Wellpineはこのラリコンを使っていますが、王道なのは「ARM トリップメーター」。これを使用した事もあるのですが、SSタイムの記録などのやり方が簡単。

いろんな種類があるのですが、物によっては時間もわかりやすく表示されていたりと、お金をかければいい物が揃い、やりやすくなるということなのです。どれくらいの物をどう使うかって、結構チームによって違うんですよね!

●困った…レンタカーでのレッキ

あと、レッキの時に使う物もレッキが本番車じゃない時はチームによってやり方が凄く変わってきます。

チームが用意するレッキ車であれば、予め準備ができるのですが、今回の唐津ラリーは主催者が用意して下さるレッキ車で行わないといけないルールでした。

私は主催者さん用意のレッキ車、というのを体験した事がなく、実はものすごく緊張してしまいました。だって、前もって準備ができないのだから。

時間になったら受付に行き、鍵をもらって、レッキに必要な準備をするのですが、レッキはコースオープン時間とクローズの時間が決まっていて、その時間の中で終わらせなければならないのです。焦るほどではないですが、ゆっくりもしていられないのです。

レッキ車での準備は、レッキ用のゼッケン、またはステッカーを指定の位置に貼ることが、公式通知や特別規則書に指示されています。あとは、ノートチェックをする際に使うインカー動画のカメラの設置、持ち物チェックがほとんどのチームがしている事だと思います。

ドライバーさんによって、レッキの時にハンドルに印をつける方もいますし、その付け方がドライバーによって違うように、コ・ドライバーは何を見て距離を知るのかが重要になってきます。

さすがに全部感覚だけではできないので、その物が必要なのですが、私は今回携帯のアプリでやると事前に決めていました。

でも、その携帯を使えると思っていたけど、取り付ける物や場所がないことに現場で気づき焦りました。どこに置くか、持つのか、はたして持ったままノートは書けるのであろうか…。正直、この時が1番不安でした。

リエゾン区間は出来たとしても、SSでのレッキはただでさえ、ペースノートを作る時にロードブックを見ながら分岐を間違えずに道案内したり、目印を見逃さずにチェックしたり。

ノートもロードブックも持って書かなければいけないのに、携帯も手で持っていたらやりにくくないかな!?って。

梅本まどか
テープで貼り付けていました

他のコ・ドライバーさんはどうやっているのかって情報は、実はSNSにほとんど出ていないんですよね。

今回は持ってやると決めたけど、次回のためにと、空いている時間でいろんなコ・ドライバーさんにお話を聞いてみたり、車内を見てみると「携帯を首からさげて、アプリでやっているよ」っていう方や、「テープで貼ったよ」という方も。

私と同じように手で持っている方など様々でしたが、貼っている方が少し多いのかな!?

それぞれ個性が出ていて、どうなっているのかを見たり話を聞くのは面白く、とても勉強になりました。

どのやり方も便利な所もあれば、不便なところもあるので正しいものなんてなくて、どれがチームとコ・ドライバーに合っているか…なんですよね!

やはりラリーはチーム力や人間の対応力が試されるなぁと、しみじみ感じました。

実際にレッキをしていると、やりにくさはもちろんありましたが、気を張りながら集中して…。なんとか問題なく、終えることができました!

終わった時の達成感がハンパなかったです。

●集中力を上げて、もっと成長したい!

梅本まどか
膝の上にいつもいろんな物が!

2019年のセントラルラリーでは、ロードブックを見ながらノートが書けず苦戦したのに、今ではここまでできるようになったんだ!と。あの時の悔しさが活きていたんだなと実感できて嬉しかったです。

あとは、この唐津ラリーのレッキがコンパクトで半日スケジュールというのも大きかったかもしれません。

長い距離だと集中力を維持するのも大変。

梅本まどか
成長して頑張ります!

膝の上にいろんな物を置き、見ながら書いての集中はやはり大変ではあるので、改めてコ・ドライバーとして、もっと集中力と対応力はつけていきたいなと感じました。

日々勉強、1戦1戦で学ぶ事が多いラリーですが、自分のやり方を早くみつけてコ・ドライバーとして成長したいな。

(梅本 まどか)