新型プジョー308/308SWが9年ぶりに日本に上陸。1.3Lガソリン、1.5Lディーゼル、1.6LのPHEVを設定し、価格帯は305万3000円〜530万6000円

■ナンバープレートをフロントエンド下部に配置し、洗練されたフロントマスクを印象づける

欧州Cセグメントでフォルクスワーゲン・ゴルフと真っ向から競合するプジョー308の新型モデル(ハッチバック、ステーションワゴンのSW)が2022年4月13日(水)に発表されました。同日から受注がスタートしています。

プジョー308
新型プジョー308が日本デビュー

9年ぶりのフルモデルチェンジで、先代の走りからしても最近のプジョー各モデルのハイレベルな走りっぷりからしても期待が高まる1台。

新型プジョー308は、「EMP2(Efficient Modular Platform)」のマルチエナジープラットフォームの進化版(V3)がベースです。

プジョー308
新型プジョー308のリヤビュー

設定されるパワートレーンは、1.2Lの直列3気筒ガソリンターボ(130ps/230Nm)、1.5Lの直列4気筒クリーンディーゼルターボ(130ps/300Nm)、1.6Lの直列4気筒ターボ(180ps/250Nm)にモーター(110ps/320Nm)を組み合わせるPHEVの3タイプ。

プジョー308
1.3Lと1.5Lガソリン、1.6Lガソリン+モーターのPHEVを設定する

組み合わされるトランスミッションは、全車8速ATで、全モデルがエコカー減税対象になります。PHEVは、クリーンエネルギー自動車補助金が交付される見込みとなっています。

プジョー308
新型プジョー308のフロントマスク

最新世代にふさわしいエクステリアが見どころのひとつ。新エンブレムが配された大型のフロントグリルは、奥行きのある空間を感じさせるような独創的なデザインになっています。

ADAS用のレーダーがエンブレムの背後に配置され、エンブレムはグリルデザインのセンターピース構造になっています(なお、レーダー波を阻害しないインジウムが使われています)。

また、ナンバープレートがフロントエンド下部に配置され、フロントデザインを損なっていないのもうれしいポイントでしょう。ヘッドランプには、プジョー初となる超薄型マトリックスLEDテクノロジーが採用されています。伸びやかなサイドビューは、60mm延長されたロングホイールベースがもたらしています。

プジョー308
新型プジョー308のエクステリア

後席の足元空間が広がり、後席ニースペースは30mm拡大。後席の着座位置は頭上空間を確保するため、20mm低くなっているそう。

サイドは、シンプルで滑らかな側面をベースに、大きく張り出した前後フェンダーが、躍動的で力強さを強調しています。リヤビューでは、テールランプにも3DフルLEDテクノロジーが「GT」に用意されていて、3本のライオンのかぎ爪がイメージされたモダンなライトシグネチャーが表現されています。

プジョー308
プジョー308のリヤまわり

リヤを横切る特徴的なラインやルーフ上部のロングスポイラーが、新型プジョー308のスタイルと空力性能のハイライトになっています。

●日本で人気のSWもダイナミックで躍動感あふれるエクステリアが魅力

また、先代の308でも安定的に40%前後のシェアを得ていたというSWもダイナミックなフォルムが与えられています。

プジョー308SW
新型プジョー308SWのエクステリア

ゆったりと傾斜する独特なルーフラインに対して、サイドのウインドウラインを早く傾斜させることで、躍動感が表現されていて、それでいながら高い積載力を維持。なお、2列目の後席は、「4対2対4」3分割可倒式で、2ポジションラゲッジフロアなど、荷室の使い勝手も磨かれています。

プジョー308SW
新型プジョー308SWのリヤビュー

また、「GT」にはパノラミックサンルーフと電動テールゲートが標準で備わります。なお、最大積載量は608L(5人乗車時)で、後席を倒した最大時は1634Lに達し、プジョー3008の520L、プジョー508SWの530Lをも上回る広大なスペースを誇っています。

プジョー308
新型プジョー308のインパネ

一方のインテリアは、最新世代のプジョーにふさわしい先進性と質感を備えています。

ドライバーの目線の高さに配置されたメーターには、10インチのデジタルパネルを採用。複数のモード(ラジオ/メディア、運転支援、エネルギーフローなど)に切替可能で、「GT」はナビゲーションのガイドを表示することも可能です。

プジョー308
新型プジョー308のメーターディスプレイ

インパネ中央に鎮座するのは、10インチのタッチスクリーンディスプレイ。ニーズに応じてカスタムが可能なほか、タッチスクリーン下方には、「i-toggle」と呼ばれるデジタルショートカットスイッチを用意。

プジョー308
「i-toggle」と呼ばれるデジタルショートカットスイッチを用意する

「i-toggle」は、エアコンや電話、オーディオ、ADAS、アプリケーションなどにアクセスできるタッチ式スイッチで、ユーザーの好みに応じて設定できます。

この新しいタッチスクリーンは、ウィジェットやショートカットを使ってのマルチウィンドウ化など、タブレットのような感覚で操作できるのも特徴です。

多様なメニューを左右にスクロールして選択し、上下にスワイプしてそれぞれのメッセージやアラートの確認ができます。3本指のタッチでアプリケーションリストを表示することも可能。

プジョー308
新型プジョー各モデル08のセンターコンソールまわり

さらに、プジョー初となる音声操作に対応するインフォテイメントシステムの「i-Connect」が「Allure」に、「i-Connect Advanced」が「GT」に用意されています。「I-Connect Advanced」は、プローブ交通情報が活用された広域リアルタイムトラフィック情報が取得できます。

また、ボイスコントロール機能により、音声認識コマンド「OK、プジョー」で起動し、ナビやエアコン、シートヒーター、オーディオ、電話や天気予報検索など、多様な機能を音声で作動、変更、停止が可能です。

日本語の認識精度は高く、AIにより柔軟に対応。ほかにも、「OTA(Over The Air)」にも対応していて、ソフトウェアの改善やバグ対応などの通信を使って自動でアップデートにも対応しています。

プジョー308
新型プジョー308のインテリア

ほかにもマルチファンクションカメラの改良が施され、先進安全装備も最新世代に進化。フロントカメラ(GT)、両サイドカメラ(GT)、後左右コーナーのレーダーを備えたことで、ADASにプジョー初採用となる機能が追加され、大幅なグレードアップが図られています。衝突被害軽減ブレーキは、夜間の歩行者にも対応。

●ボディサイズ
ハッチバック:全長4420mm×全幅1850mm×全高1475mm、ホイールベース2680mm
SW:全長4655mm×全幅1850mm×全高1485mm、ホイールベース2730mm

●価格
「308 Allure」:305万3000円
「308 Allure BlueHDi」:327万7000円
「308 GT BlueHDi」:396万9000円
「308 GT HYBRID」:490万6000円
「308 SW Allure」:325万3000円
「308 SW Allure BlueHDi」:347万7000円
「308 SW GT BlueHDi」:436万9000円
「308 SW GT HYBRID」:530万6000円

塚田 勝弘