電動化も!? 2代目・日産ジュークにもGT-Rエンジン搭載の「R」は生まれるか? デザインを大予想

■「GT-R」に搭載されている「VR38DETT」エンジンをベースにチューン

かつて日産は、初代「ジューク」にスパルタンなハードコアモデル「ジュークR」を設定しましたが、2代目にも導入されるのか、期待を込めてデザインを大予想しました。

日産 ジュークR_002
日産 ジュークR 予想CG

初代ジュークは2010年に登場、2019年に発売された2代目は米国、日本市場において「キックス」に置き換えられましたが、欧州ではその名が継続されています。

日産 ジューク_002
日産 ジューク

初代に導入された「ジュークR」は、日産が世界に誇るスーパーカー「GT-R」に搭載されている「VR38DETT」エンジンをベースにチューン、最高出力545psへ高められたエキサイティングなSUVモデルです。

新型ジュークで予想した「R」は、分厚いフェンダー、角張ったリアエンド、大胆なフロントエンドを備えたアグレッシブなスタイリングが特徴的です。

ベースモデルと比較して大きな変化はフロントとリアに集中。新型Rでは、フロントバンパーをより高く、よりスポーティに新設計。ヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトの下にある、黒いフォグライトハウジングに隣接する隙間にエアインテークを配置、中央の給気口もグリルまで拡大され威圧感が大幅にアップしています。

日産 ジュークR_003
日産 ジュークR 予想CG

側面では、より厚いサイドスカートを装備、後部ではルーフスポイラーをサークル状に変更。下部には新設計されたバンパーに大型の円形クワッドエキゾーストパイプをインストール、ディフューザーを配置、かなり刺激的です。

日産は2月28日、ジュークに新開発のハイブリッドシステムを搭載した「ジューク・ハイブリッド」を設定、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンに2基の電気モーターを搭載しました。

同社ではGT-Rの電動化も噂されており、「ジュークR」が新型に設定されるなら、その電動パワートレインが流用するなどのサプライズもあるかもしれません。

(APOLLO)