初のMBUXインフォテイメント搭載へ。 メルセデスAMG G63改良型のプロトタイプをキャッチ

■V型6気筒、あるいはV型8気筒エンジンに48Vマイルドハイブリッドシステム採用の可能性

メルセデス・ベンツの人気オフローダー、「Gクラス」のハードコアモデルとなるAMG「G63」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデスAMG G63_006
メルセデスAMG G63 改良型プロトタイプ

オフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」の頭文字を起源とするGクラスは、1979年に発売。過去40年間ほぼ変わらぬエクステリアデザインをキープしながら進化し続け、2018年には実に28年ぶりのフルモデルチェンジを敢行しました。

これが「W463」型初の大幅改良となります。

メルセデスAMG G63_010
メルセデスAMG G63 改良型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、サイドマウントエキゾーストパイプとワイドボディキットから、このプロトタイプが昨年12月にも捉えたパフォーマンスフラッグシップ「AMG G63」であることがわかります。

ボディ前後にカモフラージュがなされているほか、小さなニップやタックがあちこちに見られます。改良型のエクステリアでは、エアインテークを含む前後バンパーの修正、ヘッドライトとテールライトのグラフィックの刷新程度に収まるはずです。

内部では、ついに最新のMBUXインフォテインメントシステムを手に入れます。意外ですが、GクラスはMBUXを持たないブランド唯一のモデルなのです。

また「Sクラス」「Cクラス」、そして「SL」同様に巨大なタッチスクリーンを配置し、センターコンソールも完全に新設計されると予想されています。

最新プロトタイプのボディには、電化を示すステッカーがなかったため、内燃機関エンジンモデルのようです。G63の現行型パワートレインは、最高出力577ps・最大トルク850Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。

メルセデスでは現在、電化が加速しており、強力なGクラスも電動化が予想されているため、確認できなかったのは残念です。噂では、V型6気筒、あるいはV型8気筒エンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムが搭載されるといい、電化されないケースでも、馬力向上が期待できそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?