これが実車だ!マセラティ史上初のフルEVスポーツカー「グランツーリズモ E」市販型をキャッチ

■トランクの左、テールライトの下に充電ポートを確認、ホイールはより空力的

マセラティは現在、2ドアスポーツカー「グラントゥーリズモ」次期型を開発中ですが、同時に設定されるとみられるフルエレクトリックバージョン、「グラントゥーリズモ E」市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

マセラティ グランツーリズモE_001
マセラティ グランツーリズモ E市販型プロトタイプ

同ブランドでは、グラントゥーリズモを含む全モデルにフルエレクトリックバージョンを導入していく計画をしていますが、その最初のモデルはグラントゥーリズモに設定されます。

マセラティ グランツーリズモE_003
マセラティ グランツーリズモ E市販型プロトタイプ

スカンジナビア氷上で捉えたプロトタイプは、これまで捉えた燃焼モデルと一見同じですが、よく見るとEV特有のデザインが見てとれます。

まず、フロントバンパーのエアインテークはフェイクです。また、後部に排気口はなく、リアフェンダーに給油口も見当たりません。代わりにトランクの左、テールライトの下に充電ポートが確認できるほか、ホイールはより空力的に見えます。

プレスリリースでは、「新しいマセラティグラントゥーリズモは、100%電気ソリューションを採用したブランドの最初のモデルとなります。新しいモデルの発売に先立ち、プロトタイプは現在、最終セットアップの準備のため、重要なデータを取得するためにさまざまな使用条件で公道、およびサーキットでテストを続けています」と述べています。

市販型では、クーペの「グラントゥーリズモ」とオープンモデルの「グランカブリオレ」に燃焼エンジン、ハイブリッド、そしてフルエレクトリックと3つのパワープラントで提供されます。

燃焼エンジンでは、MC20から3.0リットルV型6気筒ツインターボ「Nettuno」(ネットゥーノ)エンジンを流用。ZF製8HP8速オートマチックと組み合わされ、最高出力は600ps以上、最大トルクは730Nmを発揮すると予想されています。

一方EVバージョンのスペックは不明のままですが、最新情報では、燃焼モデルより控えめなスペック、価格で提供される可能性があるといいます。

当初、グラントゥーリズモは2021年後半に公開予定でしたが遅れが生じ、2022年内にはワールドプレミアされる予定となっています。その後はオープンモデル、グランカブリオを設定。さらに遅れてフルエレクトリック「グラントゥーリズモ E」が発売予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?