ケンウッド「彩速ナビ」の普及価格帯モデルに、コンパクトカーにも向く初の8V型フローティングモデルを設定

■2022年モデルのVナビゲーションシステム「TYPE S」シリーズとして4モデルを発売

高画質とハイレスポンスを特徴とする「彩速ナビ」を展開するJVCケンウッド。

2022年モデルとして、「ケンウッド」からAVナビゲーションシステム「TYPE S」シリーズの彩速ナビ「MDV-S809F(8V型フローティングモデル)」「MDV-S809L(8V型インダッシュモデル)」「MDV-S709W(7V型200mmワイドモデル)」「MDV-S709(7V型)」の4モデルが3月下旬から発売されます。

ケンウッド 彩速ナビ
ケンウッド「彩速ナビ」の「TYPE S」2022年モデル

2022年モデルの目玉は、2DINサイズに装着できる大画面8V型フローティングモデルが新たに加わった点です。

流行の大画面ではあるものの、9V型ほど大きすぎないため、コンパクトカーなどに最適なサイズになっています。

ケンウッド 彩速ナビ
4モデルを用意する「TYPE S」の2022年モデル

走行時の振動によるディスプレイの不快なブレが大幅に低減されているそうです。

今回の新製品4モデルは、同社のデジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EMN5700」(別売)との連携も可能。

ナビ本体のGPSや各種センサーから高精度な自車位置情報を取得することで、ナビの地図画面上に録画映像をPIP(ピクチャーインピクチャー)で表示ができます。また、録画映像を2倍、4倍に拡大して表示することも可能です。

ケンウッド 彩速ナビ
「MDV-S809F(8V型フローティングモデル)」

各機能は、ナビ画面のタッチ操作で簡単に行えるほか、ナビとドラレコ連携のニーズに応えるモデルになっています。

カーナビの使い勝手を大きく左右する地図表示では、分かりやすさが重視されています。新たに上位モデルに、直感的で分かりやすく、スムーズに操作できる「オーガニックGUI」や、地図の俯角をリニアに調節できる「3Dスライダー」を用意。

地図画面がより見やすくなっているのも朗報です。文字と背景の重複を避けて配色、コントラストが最適化された「スマートカラー」を含む3種類の地図色が搭載されています。

ケンウッド 彩速ナビ
「MDV-S809L(8V型インダッシュモデル)」

加えて、目的地の到着予定時間や天気、走行中の道路名称など、ドライブ中に必要になる情報を一元管理する「Info」画面により、リアルタイムな走行情報を自動的に表示。

なお、天気予報の表示には、スマホ用アプリケーション「KENWOOD Drive Info.」が必要になります。また、設定により天気予報の地域は変わります。

ナビでは、全4モデルに次の機能が搭載されています。

「6軸慣性センサー」が傾いた路面でも高精度で測位し、正しい自車位置を維持。「高精度測位環境補正プログラム」により、高い自車位置精度を確保するとともに、クルマの傾きと全国の傾斜データとをマッチングする「高測3Dジャイロ」により、高架上や高速道路などでの高い自車位置精度を実現。

さらに、自車位置精度では、GPSに加えて準天頂衛星「みちびき」にも対応することで、ビル街などでも正確な自車位置が表示されます。

渋滞情報に加え、気象・災害情報なども受信可能なFM多重放送「VICS WIDE」にも対応しています。

ケンウッド 彩速ナビ
「MDV-S709W」(7V型200mmワイドモデル)

AV面も充実しています。HDMI(HDMI接続には別売の「KNA-20HC」が必要です)入力にも対応することで、エンタメ機能を強化。

スマホ、デジタルカメラ、ビデオカメラなどを接続することで、さまざまな動画をナビの大画面で視聴することができます。

ケンウッド 彩速ナビ
180mmコンソール用の「MDV-S709」(7V型)

オーディオでは、「FLAC」「WAV(192kHz/24bit)」のハイレゾ音源フォーマットをはじめ、CDや圧縮フォーマットなどのデジタル音源に高周波数帯域拡張、微小信号拡張処理を行うことで、オリジナルマスターと同等のクオリティに近づける同社独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」も搭載されています。

●価格:オープン

●市場推定価格
「MDV-S809F(8V型フローティングモデル)」:10万円前後
「MDV-S809L(8V型インダッシュモデル)」:10万円前後
「MDV-S709W(7V型200mmワイドモデル)」:8万円前後
「MDV-S709(7V型)」:8万円前後

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。