ついに実車をスクープ! マツダの後輪駆動SUV「CX-60」を公開直前に激写

■縦置きエンジンレイアウトの「ラージ商品群」最初のモデル

マツダが開発中の新型クロスオーバーSUV「CX-60」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

マツダ CX-60_003
マツダ CX-60 市販型プロトタイプ

マツダは昨年、2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の計画を発表しました。

すでに北米でデビューした「CX-50」をはじめ、ラージ商品群では、2列シートの「CX-60」「CX-70」、3列シートの「CX-80」「CX-90」などが導入予定となっています。

このうち、北米市場には「50」「70」「90」を投入、欧州市場には「60」と「80」、そして日本市場にも「60」と「80」を展開予定となっています。

現在マツダには、2ドアオープン「ロードスターRF」と、ピックアップトラック「BT-50」の2台のRWDモデルが存在しますが、CX-60はブランド第3の後輪駆動モデルになるとともに、縦置きエンジンレイアウトの「ラージ商品群」最初のモデルとなります。

捉えたプロトタイプは、全体的にラッピングが施されているものの、露出度は比較的高めです。フロントエンドには、ターンシグナルとしても機能するスリムなLEDデイタイムランニングライト、コンパクトなヘッドライト、メッシュグリル、三角のエアインテークが確認できます。

マツダ CX-60_010
マツダ CX-60 市販型プロトタイプ

サイドビューからは、筋肉質のホイールアーチ、キックアップするベルトラインやリアクォーターウィンドウが見てとれます。

後部では緩やかに傾斜したリアウィング、スリムなテールライト、コンパクトなルーフスポイラーが装備されています。バンパーにはクワッドエキゾーストパイプが確認できますが、向かって左側のコンポーネントはダミーの可能性が高く、本物は右側とみています。

パワートレインは、2.5リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」、48Vマイルドハイブリッドを備える3.3リットル直列6気筒ディーゼル「SKYACTIV-D」と3.0リットル直列6気筒「SKYACTIV-X」がラインアップされるほか、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドを設定、最高出力は300ps以上を発揮します。

マツダ CX-60_006
マツダ CX-60 市販型プロトタイプ

ひとつの疑問は、このプロトタイプに充電ポートが見当たらないことです。もちろんこのプロトタイプがガソリンモデルの可能性もありますが、PHEVの場合、メルセデス・ベンツのようにリアバンパーにもないため、おそらく撮影されていない左フェンダーあたりに配置されている可能性があります。

CX-60の公式デビューは3月8日、いよいよその全貌が明かされます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?