ついに復活!ワーゲンバスの実車がアイスバーンを走行【動画】

■コーナーでテールがスライドするも坂道の登りでは力強い動力性能を発揮

フォルクスワーゲン(VW)が開発中の「ID.BUZZ」市販型プロトタイプがアイスバーンをテスト走行、その様子をビデオが捉えました。

VW ID. BUZZ_005
VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ
VW ID. BUZZ_009
VW ID. BUZZ 市販型プロトタイプ

令和の「ワーゲンバス」と伝えられるID.BUZZですが、同社CEOであるヘルベルト・ディース氏は公式ツイッターに3月9日にワールドプレミアすることを示唆、コンセプトモデル初公開から約5年の月日を経て登場となります。

動画では、アイスバーンを静かに安定した姿で走る様子が映し出されています。坂を登る直前のコーナーでは一瞬テールがスライドしますが、坂道の登りに入ると、力強い動力性能を感じることができます。

市販型キャビン内では、ハンドルの奥に湾曲したデジタルメーターパネルを装備。中央のダッシュボードには大型のフローティングスタイルのタッチスクリーンを配置するなど、IDファミリーとしてインテリアデザインの多くを共有することになります。

「ID.4」と共有する「MEB」プラットフォームを採用。スペックは48kWh~111kWhのバッテリーを積み、3つのパワーレンジが選べます。

ベースモデルは後輪駆動で最高出力は200psを発揮。AWDはオプションとなり、最高速度は160km/hに設定されます。

さらに111kWhバッテリーを積むトップモデルは、前後車軸にモーターを搭載、システム合計300psと伝えられていましたが、最新情報では400psを発揮する可能性があるといわれています。

航続距離は342マイル(約550km)を実現、太陽光を利用して航続距離を最大15km伸ばすソーラーパネルルーフが用意される可能性もあるようです。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?