アウディ巨大クロスオーバーSUV「Q9」、これが市販型デザインだ!

■「MLB」とは異なる「MQB」プラットフォームの採用の噂

長い間噂されていたQ9ですが、事の始まりは同社が最初に「Q9」の名称を商標登録した2013年にさかのぼります。

この新型SUVは、豪華な「Q7」や「Q8」を含むアウディの高級モデルの大部分を支える「MLB」とは異なり、「MQB」プラットフォームの採用が噂されています。これはVWグループの大型SUV「アトラス」と兄弟モデルになることを意味しています。

しかし別の噂として、「MLB Evo」プラットフォームのストレッチバージョンを採用するという話もあり、情報が錯綜しているようです。いずれにせよ全長5200mm(204.7インチ)が予想され、2019年にモデルチェンジされた第2世代「Q7」の全長5063mm(199.3インチ)よりもかなり長くなるのは濃厚といわれています。

アウディ Q9_008
アウディ Q9 市販型 予想CG

お馴染みロシアの自動車サイト「KORESA.RU」から提供された予想CGでは、プロトタイプで隠されているフロントとリアエンドのデザインを明確に表現。

緩やかに釣り上がるスリムなヘッドライト、ハニカムメッシュパターンの大型グリル、スポーティな三角コーナーエアインテークが見てとれます。また、後部では予想されていたLEDストリップライトが装備されていることに注目です。

アウディ Q9_009
アウディ Q9 市販型 予想CG

パワートレインにV型6気筒、およびV型8気筒ツインターボガソリンエンジンにマイルドハイブリッド技術が組み合わされるほか、EV航続50kmのプラグインハイブリッドもラインアップされると予想されます。

(APOLLO)