「なにか大きなものがもうすぐ来る」!?トヨタ セコイア次期型はランクル風な味付けに!

■フロントエンドには、ノーズとY字型ヘッドライト、巨大グリルなど装備か

トヨタが、クロスオーバーSUV「セコイア」次世代型を示唆するティザーイメージを公式Twitterに投稿しました。

トヨタ セコイア_004
トヨタ セコイア 新型ティザーイメージ

セコイアは、北米トヨタが製造するフルサイズのSUVで、2000年に初代が登場、2代目となる現行型は2008年から発売されており、これが14年振りのフルモデルチェンジとなります。

トヨタ セコイア_001
トヨタ セコイア 現行型

世界初公開されたティザーイメージは、ボディのリアピラー、逆L字型のLEDテールライト、頑丈なリアフェンダーなどが確認でき、全体的に角張ったイメージが見てとれるほか、「ランドクルーザー」新型からインスピレーションを少し得た様子も伺えます。

ランドクルーザーの方がDピラーは太いですが、どちらもリアクォーターウィンドウがキックアップしたデザインが採用されています。また投稿画像には、「なにか大きなものがもうすぐ来る」のメッセージが添えられています。

トヨタ ランクル
トヨタ ランドクルーザー新型

フロントエンドのデザインは謎に包まれたままですが、ノーズとY字型ヘッドライト、巨大グリルなど、同じプラットフォームに乗る「タンドラ」新型と多くの類似点が見られる可能性があります。

キャビン内では、3列7人乗りスペースを提供、現行型の小さなインフォテインメントディスプレイは刷新され、標準で14.0インチ、または8.0インチディスプレイが期待できるでしょう。

パワートレインは、最高出力389ps・最大トルク649Nmを発揮する3.5リットルツインターボエンジン、上位には最強出力437ps・最大トルク790Nmを発揮する「i-FORCE MAX」ハイブリッドシステムが設定されそうです。こちらは後輪駆動と四輪駆動が提供されます。

セコイア次世代型の登場は、今後2〜3ヵ月以内と予想されます。

(APOLLO)

【関連リンク】

トヨタ公式Twitter