メルセデスAMG新世代「C43/C53」、V6から直4ダウンサイジングターボ搭載

■パナメリカーナグリル初装着、スポーティなサイドスカートも見えた

メルセデス・ベンツ・新型「Cクラス セダン」に設定されるハイパフォーマンスモデル、「C43/C53」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG C43_003
メルセデス AMG C43/C53 次期型プロトタイプ

今春にはフルカモフラージュだった開発車両ですが、最新プロトタイプはこれまでで最も偽装が軽くなっています。

はじめてAMGの象徴パナメリカーナグリルを装着、スポーティなサイドスカートと、よりアグレッシブなフロントバンパーが確認できます。

後部では、トランクリッドスポイラー、4テールパイプエキゾーストシステムを側面に配置した攻撃的ディフューザーを、足まわりでは、ベンチレーテッドフロントディスクにバックアップされたスタイリッシュな大径ホイールを装着しています。

メルセデス AMG C43_006
メルセデス AMG C43/C53 次期型プロトタイプ

キャビン内では、AMGブランドのステアリングホイール、スポーツシート、カーボンファイバーの専用トリムが見られるはずです。

現行型C43のパワートレインは、3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力385ps・最大トルク520Nmを発揮しましたが、新型では、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー「M1394」エンジンを搭載、最高出力は421ps・最大トルク521Nmまで向上します。

頂点に君臨する「C63」では、マイルドハイブリットシステムを組み合わせる可能性があると思われます。

このシステムは電動コンプレッサーとベルト駆動の電動モータージェネレーターを含み、後者はエンジンのスターターとして機能、高負荷時にブーストを提供し、ブレーキング時にエネルギーを回収します。

市販型の車名は「C43」または「C53」が有力で、今後数ヶ月以内のデビューが期待できそうです。

(APOLLO)