日本車中心だったオーリンズの足回りが最新輸入車にも対応!【東京オートサロン2022】

■最新のポルシェやゴルフにも対応した高性能ショックアブソーバー

東京オートサロン2022オーリンズブース
スーパーGTのGT300クラスで使われたオーリンズのTTXショックアブソーバー

レース用ショックアブソーバー&スプリングの代名詞ともいえるオーリンズ。

2輪用を起源とするスウェーデンのブランドですが、2002年に投入したTTXという技術が、ショックアブソーバーに生じるキャビテーション(減衰用オイルが泡立ってしまう現象)やフリクション(摩擦抵抗)の減少に優れた効果をあげ、以来スーパーGTやスーパーフォーミュラ、スーパー耐久といった4輪モータースポーツの分野でも、優れた実績を残してきました。

東京オートサロン2022オーリンズブース
オーリンズの足回りを装着したチームインパルのスーパーフォーミュラSF19

もちろん、その技術力はストリート用にも活かされています。

中でもDFV(デュアル・フロー・バルブ)という技術は、高い減衰力と微小入力への応答性という相反する要素を高いレベルで両立させており、「締まった足回りなのにゴツゴツしない」という魔法のような乗り味を実現させているのです。

東京オートサロン2022オーリンズブース
オーリンズブース
東京オートサロン2022オーリンズブース
オーリンズの車高調を装着したGR86。前後とも30mmローダウン

そんなオーリンズは、東京オートサロン2022の中エリア・ホール6にブースを構えています。

ブース内には同社のショックアブソーバーを採用したスーパーフォーミュラ・マシンやポルシェ・ケイマン、トヨタGR86などが展示され、全体に高品質&スポーティな雰囲気。

東京オートサロン2022オーリンズブース
ブース壁面には最新のオーリンズのラインナップがずらり

壁面にずらりと並んだショックアブソーバーのラインナップを見てみると、ホンダ・シビックやスズキ・スイフトスポーツ、マツダ・ロードスターといった国産スポーツに並んで、MINIやBMW、ポルシェ、アウディといった欧州車用が多く見て取れることに気づきました。

日本でのオーリンズ躍進の原動力ともなってきたラボ・カロッツェリアの下窪洋さんに話をうかがうと、確かに今年は欧州車のラインナップ充実に力を入れていること。

東京オートサロン2022オーリンズブース
日本車用ラインナップ。スイスポやWRX STI、ロードスター、シビックなど多様な車種に対応

意外だったのですが、オーリンズはこれまで日本車を中心に対応車種を増やしてきたとのことで、スウェーデンのブランドでありながら、欧州車への対応は比較的新しい取り組みなのだそうです。

これはオーリンズがオートバイ用ショックアブソーバーから発展したことと関係あるようで、ヨーロッパでは現在でも二輪に相当力が入れられているのだとか。

逆に言えば、そんなオーリンズが多くの日本車が対応しているのは、30年に渡ってパートナーを務めてきたラボ・カロッツェリアの熱意と努力のたまものといえるのかもしれませんね。

東京オートサロン2022オーリンズブース
BMW Z4と兄弟車GRスープラ用とMINI(F55/56/57型)用車高調整ショックアブソーバー
東京オートサロン2022オーリンズブース
要望の多かった992型ポルシェ911にも対応しました

具体的な欧州車へのマッチングですが、最新モデルへの対応が進んだようです。

アウディではB9型A4/S4/RS4、8Y型A3、BMWではG20/G21型3シリーズ、G29型Z4(兄弟車のGRスープラにも適合)、ポルシェでは992型911、VWがCD型ゴルフ、MINIがF55/56/57型といった具合。

個人的には新型ゴルフのオーリンズの足回りが試してみたくなりました。

東京オートサロン2022オーリンズブース
オーリンズは1976年創業。これは最初に作ったショックアブソーバー

オーリンズのショックアブソーバーといえば、きちんとオーバーホールできることでも有名ですよね。

この領域でも、ラボ・カロッツェリアはオーリンズ本社から高い評価を得ているようで、オーリンズ社のアップデートセミナーを常に受講している専門スタッフが万全のオーバーホールを行ってくれるそうです。

オーリンズの足回りは高級品ですが、長く使えるということを考えると納得できる買い物といえそうです。

(文と写真:角田伸幸

この記事の著者

角田伸幸

角田伸幸 近影
1963年、群馬県のプロレタリアートの家庭に生まれる(笑)。富士重工の新米工員だった父親がスバル360の開発に立ち会っためぐり合わせか、その息子も昭和期によくいた「走っているクルマの名前が全部言える子供」として育つ。上京して社会人になるもクルマ以上に情熱を注げる対象が見つけられず、自動車メディアを転々。「ベストカー」「XaCAR」で副編集長を務めたのち、ポリフォニー・デジタルにてPlayStation用ソフトウェア「グランツーリスモ」シリーズのテキストライティングに携わる。すでに老境に至るも新しモノ好きで、CASEやパワートレインの行方に興味津々。日本ディープラーニング協会ジェネラリスト検定取得。大好物は豚ホルモン(ガツとカシラ)。