日産キャシュカイと兄弟関係。ルノーの新型SUV「オーストラル」プロトタイプが公式リーク!

■ルノー・日産・三菱アライアンスの「モジュラーCMF-C」採用

ルノーが開発の終盤に入っていると思われる、新型クロスオーバーSUV「オーストラル」市販型、最新プロトタイプが公式リークされました。

ルノー オーストラル_004
ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ 公式リーク

オーストラルは、2018年から2019年に日本市場にも導入されていた「カジャー」の後継モデルとなります。これまでフランス、スペイン、ドイツ、ルーマニアなどで、約37万2800マイル(60万km)の公道を900人のドライバーでテスト、残り87万マイル(140万km)のテストドライブは、トラックで行われるといいます。

ルノー オーストラル_002
ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ 公式リーク

公開されたティザーイメージは、これまで見えなかったスリムなヘッドライトや、テールライトの一部が初めて露出しているほか、グリルデザインもカモフラージュの奥でうっすらと見ることができます。

キャビン内は、大型タッチディスプレイやフルエレクトリック・インストルメントクラスターを搭載。トップエンドモデルでは縦型のディスプレイが標準装備となるほか、アンビエント照明や豪華トリムオプションが提供されると思われます。

ルノー オーストラル_003
ルノー オーストラル 市販型プロトタイプ 公式リーク

市販型ではルノー・日産・三菱アライアンスの「モジュラーCMF-C」プラットフォームのアップデートバージョンを採用、あらゆる形態のハイブリッドパワートレインに対応するとともに、日産「キャシュカイ」と兄弟モデルとなります。全長はカジャーの4450mmから4510mmへと延長され、欧州CセグメントのクロスオーバーSUVとして誕生することが濃厚となっています。

パワートレインの最新情報ですが、1.3リットル12Vマイルドハイブリッドと、48Vマイルドハイブリッド技術を備える新開発の1.2リットル「TCe」ユニットが予想されるほか、フルエレクトリックバージョンも開発中と噂されています。また最高出力190psを発揮するキャシュカイの「e-POWER」システムが提供されるかにも注目したいですね。

オーストラルのワールドプレミアは、2022年前半にも行われる可能性がありそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?