市販化もあるぞ!トヨタ「GR GT3コンセプト」東京オートサロン2022で世界初公開

■「GRヤリス」のハードコアモデルやAE86のGRヘリテージパーツなども展示

トヨタは、1月14日から16日まで幕張メッセで開催予定の「東京オートサロン2022」にて、「GR GT3コンセプト」および「GRヤリス」ハードコアモデルを世界初公開することを発表、そのティザーイメージをリリースしました。

トヨタ GR ヤリス_001
トヨタ GR ヤリス ハードコア

トラックに焦点を当てたGRヤリスのホットモデルは、これまで何度もプロトタイプを捉えてきましたが、やっとその姿を見ることができます。

トヨタは「GRヤリスをフルチューンしたモデル」と説明しており、市販化も期待されます。

画像の明るさを調整したティザーイメージでは、エアベントを装備するボンネットフード、大型リアスポイラーを装着、フロントエンドにはカナードや際立つスプリッターなど新設計されたバンパーが確認できます。

後部は公開されていませんが、新たなディフューザーが備わっている可能性もあると思われます。

GRヤリスのパワートレインは、最高出力257ps・最大トルク360Nmを発揮する1.6リットル直列3気筒ターボチャレンジャーエンジンを搭載しますが、ハードコアモデルでは300pオーバーが期待できるほか、WRC新型マシン「GR YARIS Rally1」にインスパイアされたハイブリッドシステムなども想定されます。。

トヨタ GR GT3_002
トヨタ GR GT3コンセプト ティザーイメージtuo

一方「GR GT3コンセプト」からは、GRスープラ レースカーとも異なる神秘的なシルエットが見てとれます。

そのプロポーションは長いボンネット、フェンダーのエアインテーク、傾斜したルーフライン、そして大型リアスポイラーを装備しているほか、トヨタの他モデルではあまり見られないLEDヘッドライトユニットの一部も見てとれます。

トヨタでは「トヨタGAZOO Racingがモータースポーツ分野で得た知識と、洗練された技術を取り入れたレーシング専用のコンセプトカー」と表現しており、ショーコンセプトとして1回限りのデザインスタディとなりそうではありますが、こちらも将来量産モデルとして登場する可能性は残っていると言っていいでしょう。

このほか、東京オートサロン2022でトヨタは、さまざまなチャンピオンシップのGRレースカーや、スープラA70/A80、AE86カローラレビン/スプリンタートレノのGRヘリテージパーツの2022ラインアップなどを展示予定となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?