SUVだけど中身はスーパーカー!? マセラティ グレカーレ「トロフェオ」の最新プロトタイプをキャッチ

■MC20の3L V6ツインターボを流用で580psを発揮か?

マセラティが開発中の新型クロスオーバーSUV「グレカーレ」に設定されるハイパフォーマンスモデル、「グレカーレ トロフェオ」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

マセラティ グレカーレ_002
マセラティ グレカーレ トロフェオ

グレカーレは、2016年に発表した同社初となるクロスオーバーSUV、「レヴァンテ」の下に位置するコンパクトモデルで、ラインアップの拡大を狙います。

マセラティ グレカーレ_006
マセラティ グレカーレ トロフェオ

先日捉えた真っ赤なプロトタイプに続いて、スカンジナビアで捉えた最新プロトタイプのフロントエンドには、トライデントバッジがうっすらと見えるマセラティグリルが両サイドいっぱいまで露出しています。

側面からは、ボディ同色でカモフラージュされたY字スポークの大径ホイール、その奥にはクロスドリルを備えるブレーキディスク、赤いブレーキキャリパーが装着されており、ハードコアモデルであることが確認できます。

後部では、アグレッシブなディフューザー、スポーティなルーフスポイラー、2本のテールパイプがそれぞれ統合されたデュアルエキゾーストシステムがインストールされています。

市販型のパワートレインには現在2つの候補があると言われ、1つはアルファロメオ「ステルヴィオ クアドリフォリオ」に搭載されている2.9リットルV型6気筒ツインターボチャージャーエンジンで、最高出力510ps・最大トルク600Nmが予想されます。

マセラティ グレカーレ_007
マセラティ グレカーレ トロフェオ

もう一つは、同社の新型スーパーカー「MC20」の3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンの流用ですが、最新情報ではこちらのエンジンが有力だと噂されています。

MC20では、最高出力630psを発揮しますが、グレカーレ トロフェオではデチューンされ580psと予想、トランスミッションは8速オートマチックが標準装備されると思われます。

市販型では、アルファロメオのSUV「ステルヴィオ」と共有する「ジョルジオ」プラットフォームを採用しますが、よりワイドなトラック、3チャンバーセットアップの調整可能なエアサスペンション、および油圧サスペンションブッシュを備えるといいます。

マセラティ グレカーレ_004
マセラティ グレカーレ トロフェオ

グレカーレ市販型のワールドプレミアは、2021年11月に予定されていましたが、半導体不足の影響から延期されました。グレカーレでは「画期的」な技術を備えており、高度な接続性やそのほかの機能はすべてこのチップ使用して動作するため、影響力が大きいと見られますが、2022年春には期待できるはずです。

発売後、市場ではポルシェ「マカンGTS」が最大のライバルとなると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?