三菱自動車が新型軽EVコンセプトカー「ラリーアート」コンセプトカーを初披露【東京オートサロン2022】

■最新世代EVとラリー由来の「ラリーアート」は、どんなコンセプトカーになる!?

三菱自動車は、2021年12月20日、2022年1月14日(金)から16日(日)まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」において、新型軽EVのコンセプトカー、「ラリーアート」のコンセプトカーを世界初披露すると発表しました。

三菱自動車 EV
新型軽EVのコンセプトカーが披露される

2022年度初頭に発売が予定されている新型軽EVのコンセプトカーは、すでに市場導入が予告されている日産と三菱自動車による共同開発のEVとみていいでしょう。

軽自動車ならではの取り回しがよく、運転しやすいサイズのボディに、EVならではの滑らかで、力強い走りを融合させた新型軽EVモデル。

さらに、先進の運転支援機能やコネクティッド機能も採用され、環境にも配慮された安全、安心で快適な三菱自動車らしい新世代の軽EVになるそうで、楽しみです。写真は、充電しているシーンが1点公開されていて、「EV」のロゴがテールゲートに配されているのが分かります。

一方の「ラリーアート」コンセプトカーは、詳細はまだ分かりませんが、写真ではリヤ下まわりが映されています。

メッシュ状のディフューザー、中央にフォグランプなのか灯火類にも見える装備が備わり、右側には、ラリーアートの赤とオレンジのお馴染みでありながら新しさも感じさせるエンブレムが配置されています。

この写真からは車種は分かりませんが、どことなくオーラ・ニスモのリヤエンドにも似ているように感じます。以前お伝えしたように、タイでは、トライトン、パジェロスポーツにすでに設定されています。

三菱自動車 ラリーアートコンセプトカー
ラリーアートのコンセプトカーが出展される

日本では、アウトランダーPHEVから設定されるのが妥当と筆者は予測していましたが、どの車種から設定されるか気になるところ。

また、ランエボの復活も期待されます。

「東京オートサロン2022」の「ラリーアート」コンセプトカーは、三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集。

プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現しているそうです。

塚田 勝弘

【関連リンク】

東京オートサロン2022 公式サイト
https://www.tokyoautosalon.jp/2022/