BMW M4の高パフォーマンスモデル「CSL」、プロトタイプがニュルに来た!

■0-100km/h加速は3.3秒以下、後輪駆動のみでマニュアルは設定なしか

BMWが開発中とみられる高性能2ドアクーペ「M4 CSL」(仮称)市販型プロトタイプが、ついにニュルで高速テストを開始しました。

BMW M4_001
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

M4 CSLは、同社が2020年9月に欧州で発表した「M4クーペ」の頂点に君臨するハードコアモデルです。

ニュルで捉えたプロトタイプはカモフラージュも薄く、フロントエンドにはスプリッターを備えるアグレッシブなバンパー、2つのセクションに分割されている大型キドニーグリル、エアロダイナミクスを向上させる立体的エアインテーク装備、ヘッドライトはCSL専用デザインが予想されています。

BMW M4_010
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

リアエンドでは、新設計のLEDテールライトや、トランクリッドより分厚い専用スポイラーを装着、プロダクションモデルに近づいている様子が伺えますが、今後はM4の「M4パフォーマンスオプション」により提供される大型リアウィングや、スタックタイプのエキゾーストパイプなど今後追加される可能性もあるでしょう。

ニュルで撮影したカメラマンによると、サーキット指向のモデルらしい、軽快なシフトアップ、シフトダウンが見られ、高速性能はM4以上に見えたといいます。

BMW M4_012
BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

パワートレインは3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載し、M4コンペティションでは最高出力503ps、最大トルク650Nmを発揮しますが、M4 CSLでは540psまで向上するといいます。

動力性能は、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下となります。後輪駆動のみでマニュアルは設定されず、オートマチックギアボックスのみが組み合わされると予想されます。

M4 CSLのワールドプレミアは2022年前半と思われ、限定1,000台とも噂されています。

(APOLLO)