新型シトロエンC4、EVのË-C4の日本デビューを記念したイベントを代官山 蔦屋書店で2022年1月7日〜20日まで開催

■7日には、クラシック&オールドシトロエンの展示も

新型モデルを積極的に日本に上陸させているGroupe PSA Japan。年明けを飾るのは、新型シトロエンC4になります。

同社は、2022年1月7日(金)から10日(月・祝)まで、東京渋谷区にある代官山 蔦屋書店において、新型C4、EVのË-C4のデビューを記念した「NEW CITROËN C4 & Ë-C4 DEBUT EVENT Garage de CITROËN」(ガラージュ・ド・シトロエン)を開催すると発表しました。

シトロエンC4
新型シトロエンC4のデビューを記念したイベントを開催へ

会場では、新型C4/Ë-C4の実車が展示されるほか、シトロエンオリジナルグッズが販売されるポップアップスペース、7日には、クラシック&オールドシトロエンが展示されます。

シトロエンC4
新型シトロエンC4のエクステリア

さらに、NEW C4/Ë-C4の試乗、そして、シトロエンをテーマにした3日連続のモーニングクルーズなど、同ファンなら見逃せない多彩なメニューが用意されます。

シトロエンC4
EVのシトロエンË-C4

新型C4/Ë-C4は、シトロエンの伝統であるCセグメントハッチバックの系譜を受け継ぐモデル。

シトロエンのミドルサイズモデルは、戦前のC4から戦後のAMI 6、GS、GSA、BX、ZX、Xantia、Xsara、C4、C4 CACTUSなど、その時代を代表するモデルがありました。

これら歴代モデルに息づくシトロエンの独創性と個性、そして快適な乗り心地はNEW C4/Ë-C4に受け継がれているそうです。7日(金)の午後には、こうした歴代モデルを含めたクラシック&オールドシトロエンをオーナーの協力のもと、駐車場に展示されます。

シトロエン
クラシック・シトロエンも揃う

また、シトロエンオリジナルグッズは、ポップな色使い、商品としての完成度の高さ、ライフスタイルに密着した実用性などで高い評価を得ているそうです。今回は、公式オンラインショップには未掲載で、同会場でしか購入できないアイテムやを含め用意されます。

さらに、シトロエンを愛し、シトロエンをテーマとした数多くの作品を遺した色鉛筆画家・絵本作家・イラストレーターの故・今村幸治郎氏の作品のミニギャラリーも展開されます。

シトロエン
シトロエンのオリジナルグッズの販売される

なお、開催期間中、シトロエンオーナーは来場時に、シトロエンのキーを蔦屋書店2号館のクルマフロアカウンターに提示すると、1時間分の駐車料無料券がもらえます。

塚田勝弘

【関連リンク】

NEW CITROËN C4&Ë-C4 キャンペーンページ
https://web.citroen.jp/c4/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。