豪雪が似合う!メルセデス ゲレンデヴァーゲン改良型を初スクープ。LEDグラフィックスなど刷新

■車内には大型ディスプレイを配置、「Sクラス」や「Cクラス」と似たレイアウトに

メルセデス・ベンツが販売する本格オフローダー、「Gクラス」改良型のプロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

メルセデス・ベンツGクラス_011
メルセデス AMG G63 改良型プロトタイプ

オフローダーを意味する、「ゲレンデヴァーゲン」の頭文字を起源とするGクラスは1979年に発売、過去40年間ほぼ変わらぬエクステリアデザインをキープしながら進化し続けてきました。

2018年には実に28年ぶりのフルモデルチェンジを実行、これが「W463」型初の大幅改良となります。

メルセデス・ベンツGクラス_015
メルセデス AMG G63 改良型プロトタイプ

豪雪のフィンランド山中で捉えたプロトタイプはボディ前後をカモフラージュ。サイドマウントエキゾーストパイプとワイドボディキットから、このプロトタイプがパフォーマンスフラッグシップ「AMG G63」であることがわかります。

改良型のフロントエンドでは、ヘッドライトのグラフィックスを採用、グリルとエアインテークを含むバンパーが新設計されるほか、後部ではバンパーがリフレッシュされると予想されます。

カメラマンによると、ダッシュボード全体がカバーされており、大幅な変更が考えられます。

おそらく、MBUXインフォテインメントの最新バージョンを備える大型ディスプレイを配置、「Sクラス」や「Cクラス」と似たレイアウトが採用される可能性が高いです。

捉えたプロトタイプには、電化を示すイエローステッカーが見当たらず、G63改良型は無電化のままであると思われます。その場合、最高出力585ps・最大トルク850Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジンを搭載、9速オートマチックトランスミッションと組み合わされるはずです。

Gクラス改良型のデビューは2022年後半、または2023年初頭と予想され、9月に発表されたGクラスのフルエレクトリック版、「EQG」と併売されると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?