メルセデス・ベンツ Eクラス次世代型をキャッチ! テールライトをチラ見せ

■デビューは2023年、効率的なハイブリットや強力なAMGを含む幅広いエンジンを提供

メルセデス・ベンツは2021年、ライバルBMW「5シリーズ」との競争力を高めるため、Eクラスのエクステリアデザイン、エンジンの微調整、インテリアテクノロジーを改善しましたが、すでに次期型の開発に着手しているようです。

メルセデス・ベンツ Eクラス_003
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ

初代Eクラスは1985年にデビュー。第5世代となる現行型「W213」型は2016年から発売されており、すでに5年が経過、いよいよ第6世代「W214」型に世代交代されます。

メルセデス・ベンツ Eクラス_006
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ

カメラがはじめて捉えたプロトタイプは、開発初期段階のため完全なカモフラージュが施されています。

しかし、フロントエンドでは早くも市販型コンポーネントと思われるヘッドライトが装備されていることがわかるほか、グリルデザインの変更がなされる可能性もありそうです。

後部では、バンパーの形状を一新しているようですが、わずかにLEDテールライトの一部が見てとれるだけで、排気口も隠されている段階です。

キャビン内では、フラッグシップセダン「Sクラス」や「Cクラス」の大型ディスプレイを伴うレイアウトが継承される可能性が高いと思われます。

メルセデス・ベンツ Eクラス_009
メルセデス・ベンツ Eクラス 次期型プロトタイプ

メルセデスは今年初め、Eクラスのエレクトリックバージョン「EQE」をデビューさせましたが、Eクラス次期型では効率的なハイブリットや強力なAMGを含む幅広いエンジンが提供されると予想されます。

現行ラインアップで、最も売れているモデルの1台であるEクラスですが、同社のスローガン「The best or nothing」(最善か無しか)のもと、次期型は2023年内のデビューを目指しています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?