今度こそ発売!? 最高級SUV「レンジローバー」の2ドアクーペを大胆予想

■リアドアが取り外され、ホイールベースが短くプロポーションが向上

ランドローバー・レンジローバーは、10月にフラッグシップ・クロスオーバーSUV・新型「レンジローバー」を発表しましたが、2ドアクーペが新たに設定される可能性があると噂されています。

レンジローバー_001
ランドローバー レンジローバー 新型

最近の3ドア・クロスオーバーSUVでは、フォード「ブロンコ」、ジープ「ラングラー」、ランドローバー「ディフェンダー90」などありますが、やはりニッチな市場であることは間違いありません。

レンジローバー_003
ランドローバー レンジローバー 新型

ランドローバーでは、2018年ジュネーブモーターショーにて、世界初となるフルサイズ・クーペSUV「レンジローバーSVクーペ」を初公開しました。

パワートレインは5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、当時限定生産999 台とアナウンスされましたが、オーダーが入らず、結果、販売が中止に追い込まれた過去があります。

それから3年、レンジローバーは世代交代し新型を発表、再びクーペが設定されると噂されています。

お馴染みX-Tomi Designに協力を得た予想CGは、フロントエンドとバンパーにまたがる水平下部グリルを備えた最新デザインを2ドアに変更。リアドアが取り外され、ホイールベースが少し短くなりプロポーションが良くなっているようです。

また黒のトリムが施された崇高なグリーンは、ゴージャスなコントラストを演出しています。

ランドローバーの中では、「レンジローバー イヴォーク」が第1世代で2ドアバージョンを設定するも、第2世代では存続しないなど、なかなか人気を定着させるのが難しいモデルではあります。しかし、ジュネーブモーターショー2022で4年ぶりの2ドアクーペが見られることを期待したいですね。

(APOLLO)