メルセデス高性能クロスオーバーAMG「GLC 43」次期型、2L直4ながら400馬力へ

■AMGホイールに乗り、強化されたブレーキを装備、四輪操舵システムも採用

メルセデス・ベンツは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV「GLC」次期型を開発していますが、そのパフォーマンスモデルとなるAMG「GLC 43」プロトタイプを初スクープ、次期型でも設定されることが確実となりました。

メルセデス AMG GLC_001
メルセデス AMG GLC 43 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、ハイグリップタイヤを装着した特注のAMGホイールや、強化されたブレーキを装備しています。フロントエンドでは、パナメリカーナグリルを模したダミーグリルを装着しているほか、バンパーコーナーには垂直インレットのようなものを確認、側面ではサイドウィンドウのコーナーからドアへ移動されたドアミラーや、厚めのサイドシルも見てとれます。

メルセデス AMG GLC_009
メルセデス AMG GLC 43 市販型プロトタイプ

後部では、GLCとは異なる円形のクワッドエキゾーストパイプをインストール、先日のGLC開発車両同様に、前後タイヤの向きが異なっていることから、4WS(四輪操舵システム、または後輪ステアリング)を採用していることがわかります。

キャビン内では、センターコンソールの低い位置に巨大なタブレットを配置した新世代MBUXを搭載、パノラマディスプレイが期待できるほか、AMG専用のカーボンファイバートリムのスポーツシートが採用されるはずです。

メルセデス AMG GLC_004
メルセデス AMG GLC 43 市販型プロトタイプ

現行AMG GLC 43のパワートレインは、最高出力390psを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジンを搭載していますが、次期型では2.0リットル直列4気筒エンジンへ交換、ハイブリッドを備えるかは不明ながら、最高出力は400psを超えてくると予想されます。

AMG GLC 43新型のワールドプレミアは、2022年後半となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?