新型EVの「SOLTERRA(ソルテラ)」を2021年11月11日に世界初公開へ。「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初採用

■2022年度に発売予定。CセグメントクラスSUVモデルのEV

スバルは、新型EVの「SOLTERRA(ソルテラ)」を2021年11月11日(木)に、Web上で世界初公開すると発表しました。

ワールドプレミアに先立ち、ティザーサイトも公開されています。新型EVのソルテラは2022年度に発売予定で、2021年10月29日に詳細が公開されたトヨタ「bZ4X」と同じように、トヨタとSUBARUの共同開発によるEVプラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」が採用されています。

SUBARU SOLTERRA
SUBARU SOLTERRA(ソルテラ)が11月11日に世界初公開される

以前お伝えしたように、「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM(イースバルグローバルプラットフォーム)」は、2021年5月にSUBARUにより発表済みで、CセグメントクラスSUVモデルのEVであることもすでにアナウンスされています。

SUBARUとトヨタが共同開発した「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM」は、フロント、センター、リヤなど数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、様々なバリエーションのEVを効率的に展開することを可能になっています。

両社が知見を持ち寄り、完全新設計となるEV専用プラットフォームを作り上げる中で、従来からSUBARUが目指してきた高い衝突安全性や優れた操縦安定性をEVでも実現するため、トヨタとともに開発を推進。

SUBARU SOLTERRA
SUBARU SOLTERRA(ソルテラ)の車名ロゴ

SUBARU車で同プラットフォームが初採用される「SOLTERRA(ソルテラ)」は、新型プラットフォームだけでなく、商品企画、設計、性能評価などの多岐に渡り、SUBARUとトヨタが共同で開発。SUBARUが長年培ってきたAWD技術とトヨタがハイブリッドやプラグインハイブリッド車などで培ってきた電動化技術を活用するなど、両社の強みを持ち寄り、活かすことで、EVならではの魅力を持つ新しいSUVを開発したそうです。

なお、新型ソルテラは、2022年年央までに日本、米国・カナダ、欧州、中国などで発売予定と、5月に発表されていました。今回の発表では、2022年度に発売予定と明らかにされています。

塚田 勝弘

【関連リンク】

SOLTERRA 車種サイト
https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。