トヨタGR86とSUBARU BRZを乗り比べ!カスタマイズパーツ「GR PARTS」も設定

■11月21日(日)に富士スピードウェイでSUBARU BRZとGR86を乗り比べできる一般向けイベントを開催!

●GR86はKINTOでも取り扱いあり! 月額2万1450円~

2021年10月28日、トヨタ新型GR86が発売されました。2012年登場の初代は、トヨタ86を名乗り、2代目はGR86という車名で、GR Garageとトヨタ販売店で販売されます。価格帯は、279万9000円〜351万2000円。

GR86
新型GR86の走行シーン

また、クルマのサブスクリプションサービスである「KINTO」でも取り扱われています。KINTOとして初めて、車両のカスタマイズが可能(違法改造など一部のケースを除く)で、月額2万1450円(消費税込み)から利用可能で、若いユーザーの獲得にも貢献しそうです。

2代目GR86もスバルBRZとのブランド違いのモデルになり、スバルとの共同開発で送り出されています。

GR86
新型GR86のリヤビュー

新型GR86は、スバルBRZとクルマのベースを共有しながらも「ドライバーの意のままに操れる、手の内感」「限界域でのリニアな応答、キビキビした走り」など、「GR」らしい走りの味を持たせることに注力したそう。

今回の発売にあたり、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、富士スピードウェイが主催する「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021(以下、86Style)」に出展すると明らかにしました。

GR86
「RZ」の外観。写真は「スパークレッド」

同イベントでは、86のファンにいち早くGR86を乗ってもらうだけでなく、スバルBRZと乗り比べできるなど、GR86の仕上がりを体感できます。同イベントは、2021年11月21日(日)に富士スピードウェイで開催され、下記のサイトで申し込みが必要です。

GR86
「RZ」のインパネ(ブラック&レッド)

GR86に搭載されるパワーユニットは、最新の「D-4S」技術が盛り込まれた2.4の水平対向4気筒で、0-100km/h加速が従来型の7.4秒から6.3秒に短縮されるなど、鋭い走りが楽しめます。「D-4S」は、燃料を燃焼室に直接噴射する筒内直接噴射(直噴)と、吸気ポートに噴射する通常のポート噴射を運転状況に応じて、最適に制御する専用ツインインジェクターを備えています。吸気と排気効率を高める可変バルブタイミングが搭載された、水平対向エンジンとの融合が図られています。

GR86
「GR PARTS」装着車

なお、ボディサイズは、全長4265×全幅1775×全高1310mmで、全長は25mm長くなり、全幅は同値、全高は10mm低くなっています。

GR86には、その魅力をより引き出すカスタマイズパーツ「GR PARTS」も設定されていて、スポーツ走行から、日常走行までGR86を誰でも楽しめる多彩なパーツが、エクステリア、インテリア、足まわり、機能装備まで多彩に揃っています。

塚田 勝弘

【関連リンク】
86Style 開催概要
https://www.fsw.tv/freeinfo/045799.html