幼児2人同時乗車基準に適合した、20型の子ども乗せ電動アシスト自転車「PAS un」シリーズが発表

■子どもの頭部を包み込むリヤシートの「ハグシート」を採用

1993年に世界初の電動アシスト自転車「PAS」を発売したヤマハ発動機。子育て世代に便利な子ども乗せ電動アシスト自転車は、筆者も「もっと早く買っておけば良かった」と実感したギアです。

ヤマハ発動機 PAS
「PAS Babby un SP」の外観

同社は、幼児2人同乗基準に適合した電動アシスト自転車「PAS Babby un SP(パス バビー アン スーパー)」「PAS Babby un SP coord.(パス バビー アン スーパー コーデ)」「PAS Babby un(パス バビー アン)」「PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン スーパー)」の2022年モデルを、2022年1月下旬から順次発売します。

同シリーズは、20型小径の子ども乗せ電動アシスト自転車です。軽量、コンパクトな車体、優れた登坂性能を発揮する「PAS un」シリーズは、「PAS」シリーズ最上位のアシスト力を備えているのが特徴です。

ヤマハ発動機 PAS
子どもの後ろに用意された背面ポケット

高回転ペダリング時でも伸びやかで快適な乗り心地、アシストフィーリングが美点。状況に応じて、全自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」など、便利な機能を備えています。

オシャレなスタイリングが目を惹く「PAS Babby un SP」は、子どもの頭部を270度包み込むリヤチャイルドシートを搭載。2022年モデルでは、日常での使いやすさ、快適性を向上させた新型リヤチャイルドシート「ハグシート」が採用されています。

カラーは、ファッションにコーディネイトしやすいスタンダードカラー(全5色)と、こだわりのパーツ配色によって気分を高揚させるコーディネイトカラーの「PAS Babby un SP coord.」の2色が新たに設定されています。

ヤマハ発動機 PAS
シートベルトの肩パッドが自立する「ホッピングパッド」、簡単にシートベルトが着脱可能な「マグネットバックル」(ハグシステム)などを採用

「PAS Kiss mini un SP」は、子どもの足元まで包み込む繭型のフロントチャイルドシートなど、安心感や使いやすさ、快適性にこだわったそう。2022年モデルでは、日常生活でコーディネイトしやすい全6色のカラーラインナップが新たに設定されています。

今回の目玉である「ハグシート」のヘッドレストには、ヘルメットにも使われる衝撃吸収材が使われているほか、子どもの背面に新たに「カバー付き背面ポケット」を装備。雨具や子どものおもちゃ、靴などの収納にぴったり。底面がメッシュになっているため、簡単に手入れできます。

ヤマハ発動機 PAS
「PAS Kiss mini un SP」の外観

さらに、子どものシートベルトの肩パッドが自立する「ホッピングパッド」、簡単にシートベルトが着脱可能な「マグネットバックル」(ハグシステム)を用意。加えて、子どもが容易にまたがりやすくするため、ハンドル形状の見直しが図られた「丸型ハンドル」を新たに採用。

また、子どもの足を大きく広げずすむように、リヤキャリヤの幅も狭くなっています。なお、本体形状を広げることで、子どもが成長してもより快適に使えるようになったのも朗報。安全性の確保と共に、子どもの乗せおろしや乗降が容易にできるようになっています。

ヤマハ発動機 PAS
「PAS Babby un SP」のスタイリング

「PAS Babby un SP」の価格は16万5000円。「PAS Babby un SP coord.」は16万8300円。「PAS Babby un」は14万7400円。「PAS Kiss mini un SP」の価格は17万500円です。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。