マツダ2の視線の先に「M」バッジのトヨタ ヤリス!? 次期型はOEM供給確定か!

■欧州排出ガス規制に対応するために「ヤリスTHS」ハイブリッドシステムを流用

現在開発が進められている欧州版「マツダ2」次期型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

マツダ2_006
欧州版 マツダ2 次期型プロトタイプ

日本市場では「デミオ」として販売されていましたが、2019年に登場した3代目から「マツダ2」に車名を統一、グローバルモデルとして展開されています。

マツダ2_011
マツダ2 日本仕様 次期型 予想CG

捉えたプロトタイプは、バッジをカモフラージュしている以外、そのまんまトヨタ「ヤリス」です。

しかし、テールゲートの黒いテープの下にはマツダの「M」のロゴが浮いて見え、マツダ2開発車両の可能性は高いと言えるでしょう。

かねてからマツダ2次期型はトヨタ ヤリスからOEM供給されると噂されていましたが、どうやら現実となりそうです。

マツダとしては、欧州でますます厳しくなる排出ガス規制に対応するために、「ヤリスTHS」(トヨタ・ハイブリッドシステム)を流用、コスト効率性を高め、速やかに開発を進めることが可能となります。

ちなみに、トヨタは2016年から2020年までマツダ2をリバッチ、北米トヨタ ヤリスとして販売していた経緯もあります。トヨタはOEMに積極的で、スズキにはカローラのOEMとなる「スウェイス」、RAV4 PHEVのOEMとなる「アクロス」なども欧州に供給しています。

マツダ2_004
欧州版 マツダ2 次期型プロトタイプ

マツダバッジをつけたヤリスは姉妹モデルとともに、フランス北部のヴァランシエンヌにあるトヨタ工場で生産、マツダのロゴ、ステアリングホイールを除いてインテリアを共有すると思われます。

欧州版マツダ2のワールドプレミアは2022年内と予想されていますが、日本市場向けは2021年内に期待されており、こちらはマツダ専用デザインが予想されています。

予想される日本版のパワートレインは、1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン+電気モーターのマイルドハイブリッド「SKYACTIV-X1.5」、および1.5リットル直列3気筒ディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D1.5」のラインアップが予想されるほか、電気駆動のロータリーレンジエクステンダーの搭載も噂されています。

(APOLLO)