「iX」風コックピット見える!? BMW 5シリーズ次期型、最新プロトタイプをキャッチ

■12.3インチのドライバーディスプレイと、14.9インチのデュアルスクリーンセットアップ採用

BMWのプレミアム・ミッドサイズセダン「5シリーズ」次期型の最新プロトタイプ2台をカメラが捉えました。

BMW 5シリーズ_004
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ

自動車業界は9月上旬、IAAモビリティ2021で盛り上がりましたが、今回キャッチした最新プロトタイプはその会場のあるミュンヘンで撮影されました。

2台の開発車両のうち1台のドア、リアバンパーには「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーが貼られており、1台はPHEVで、もう1台は内燃機関式と思われます。

BMW 5シリーズ_014
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ

窓越しから内部を捉えた写真では、わずかにコクピットが写されており、「iX」SUVで最初に見られた技術が搭載されている可能性が高いようです。

新しいアプリケーションと、機能を備えたソフトウェアを実行する12.3インチのドライバーディスプレイと、14.9インチのデュアルスクリーンセットアップが採用されている可能性がありそうです。

次期型のパワートレインは、燃焼、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックをラインアップ。中でも最も多くの革新とアップグレードを得ることが期待されるPHEVとEVバージョンが注目されます。

BMW 5シリーズ_001
BMW 5シリーズ 次期型プロトタイプ

EVバージョンとなる「i5」(仮称)では、「iX xDriv40」と仕様の一部を共有するとみられ、リアに電気モーター、オプションでフロント車軸にもう1つを搭載、出力合計で300hpを発揮し、0-100km/h加速は6秒のパフォーマンスが予想されています。

また70kWhバッテリーパックを積み、1回の充電による後続は400km以上となるでしょう。

(APOLLO)