BMW M4のトップモデル「M4 CSL」、540馬力のFRが濃厚に!

■アグレッシブなフロントスプリッター、ウィングレットなど装着

BMWは現在「4シリーズ」最強モデルとなる「M4 CSL」を開発しているとみられますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M4 CSL_006
BMW M4 CS 開発車両

第二世代となる現行型4シリーズ(G22型)は2020年にデビュー、その後ハードコアモデル「M4クーペ」が投入されました。

2021年にはさらなる強化モデル「M4コンペティション」が導入されましたが、それらを凌駕する最強スペックを持つのがこの「M4 CSL」です。

BMW M4 CSL_010
BMW M4 CS 開発車両

捉えたプロトタイプは、存在感のある新しいグリルを装備しているほか、ヘッドライトをカモフラージュ。以前目撃した開発車両と僅かに異なり、それらが専用デザインに変更される可能性がありそうです。

そのほか、さらにアグレッシブなフロントスプリッター、ウィングレットが取り付けられた大口エアインテークなど、サーキット指向のエアロパーツが見てとれます。

またこれまで捉えたプロトタイプの後部には、より大きなランクリッドスポイラー、ディフューザー、チタン製とみられるデュアルエキゾーストシステムがインストールされています。

BMW M4 CSL_001
BMW M4 CS 開発車両

スペックに関しての最新情報も入ってきました。パワートレインは3.0リットル直列6気筒エンジンを搭載、M4コンペティションでは最高出力503ps・最大トルク650Nmを発揮しますが、M4 CSLでは540psまで向上するといいます。

動力性能では、0-100km/h加速3.4秒のM4コンペティションに対し、CSLでは3.3秒以下で到達。後輪駆動のみでマニュアルは設定されず、オートマチックギアボックスが装備されると予想されます。

なお、市販型の車名は「M4 CSL」が有力ながら、「M4 CS」も候補の一つとなっているといいます。

(APOLLO)