フルエレクトリック化前最後の内燃モデルに!? フォード フィエスタ、改良型デザインを確認

■エクステリアを中心に大規模な改良、2026年以降は電動モデルのみに

フォードの欧州Bセグメント・ハッチバック、「フィエスタ」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

フォード フィエスタ_006
フォード フィエスタ ハッチバック 改良型

第5世代となる現行型は2017年に登場、日本市場からは撤退していますが、欧州では最も人気のあるスーパーミニカーの1つです。

2020年にはマイルドハイブリッド・EcoBoostエンジンを追加。接続性、安全機能などアップグレードを受けていますが、今回はエクステリアを中心に大規模な改良が行われます。

フォード フィエスタ_009
フォード フィエスタ ハッチバック 改良型

捉えたプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが削ぎ落とされ、新設計されたボンネット、LEDデイタイムランニングライトやコーナーエアインテーク、アグレッシブなハニカムメッシュグリルなどを確認、「STライン」と思われます。

市販型では「ST-Line」をはじめ、「Vignale」「Active」「ST」のバリエーションで提供されます。

パワートレインは、最高出力125ps、および155psを発揮する1.0リットル直列3気筒「EcoBoost」のマイルドハイブリッドバージョンを発表、これがキャリーオーバーされる可能性が高いようです。これは48Vのシステムと統合されたベルト駆動のスタータージェネレーターを使用し、ブレーキエネルギーを収集、発進時にICEを支援するシステムです。

また、6速オートマチックに代わる新しい7速オートマチックトランスミッションを搭載。アダプティブクルーズコントロールの追加と、「Sync3」インフォテインメントシステムのアップデート版も期待できるはずです。

フィエスタ改良型は2022年初頭に市場に投入されるため、デビューは2021年内に予定されていますが、現行型と同様に、スーパーミニの需要がほとんどない米国市場には導入されない予定です。

改良型は2026年まで販売される予定で、その後はフルエレクトリック、およびプラグインハイブリッドのみで提供されることになると予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?