新型シビックのエクステリアデザイン、パッケージングをチェック。クーペのような流麗なボディラインの影響は?

■CセグメントというよりもCDセグメント級のボディサイズ

以前お伝えしたように、2021年9月3日に発売される新型ホンダシビック。ここでは、エクステリアデザインについてチェックします。

その前にパッケージについて触れると、新型のボディサイズは、全長4550×全幅1800×全高1415mm。全長は先代よりも30mm長くなり、全幅は同値。ホイールベースは2735mmで、35mm延びています。

新型ホンダ・シビック
新型ホンダ・シビックのエクステリア

ホイールベースが長くなったことで、前後席間の距離が35mm長くなっています。

シビックは先代モデルでもCセグメントとしてはかなり大きく、全長4295×全幅1790×全高1475mm、ホイールベースは2620mmというフォルクスワーゲン・ゴルフ8と比べると、全長は255mmも長くなっています。

感覚的には、CセグメントというよりもCDセグメントという印象を受けます。

新型ホンダ・シビック
クーペのような流麗ルーフラインが印象的

それでも、ホンダの開発陣は、フォルクスワーゲン・ゴルフ8もベンチマークの1台にしたそうで、プレス向けの事前取材会には、ゴルフ8の左ハンドル仕様が駐車場に並んでいました。

一方、リヤオーバーハングは20mm短くなり(フロントオーバーハングは15mm長くなっている)、リヤタイヤがより後方に配置されたようにみえます。

新型ホンダ・シビック
新型シビックのリヤコンビランプ

リヤのトレッドが10mm拡幅したことで、安定感あるスタンスを実現。先代と同様に9.5インチのゴルフバッグが3セット入るというラゲッジスペースは容量が32L増え、452Lの大容量を誇っています。

また、荷室幅がワイドになり、開口部は手前側が拡幅したことで、荷物の出し入れがしやすくなっています。

新型ホンダ・シビック
新型ホンダ・シビックのラゲッジスペース(最大時)

テールゲートの開閉軌跡も37mm短縮され、狭い場所での操作性が向上しています。

フロントフードの左右後端が先代よりも25mm低くなり、フロントから眺めるとより低いスタンスを強調。一方のルーフ後端は、テールゲートのヒンジのボリュームが削減され、 後席の頭上空間を先代と同等レベルにしながら、ヒンジ付近のルーフ高さを50mm低くしています。これにより、クーペのような流麗なルーフラインを実現しています。

エクステリアは、先代よりもすっきりした印象を受けます。フロントマスクは、ホンダ最新のデザインが与えられ、アッパーグリルはハニカムパターンで、左右には上下に薄いヘッドライトを配置。

新型ホンダ・シビック
新型ホンダ・シビックのフロントマスク

ヘッドライト下側のバンパー左右を伸びやかなデザインにすることで、全幅がまるで広がったようなワイド感が演出されています。さらに、ロアグリルと左右ガーニッシュを「ハ」の字形の造形にすることで、スポーティな印象をもたらしています。

リヤまわりでは、先代と同様に「C」字型のリヤコンビランプを採用。よりワイド感を抱かせるスリークなデザインになっています。

印象的なテールゲート一体型のリップスポイラーと、このリヤコンビランプがともに低く配置され、先述したように、リヤトレッドを拡幅することで、安定感のあるスタンスになっています。

新型ホンダ・シビック
新型ホンダ・シビックのリヤビュー

リヤホイールアーチにヘミング処理が採用されるのと同時に、ホイールアーチとタイヤのクリアランスを短縮することで、一体感の強いロー&ワイドフォルムを印象づけています。

先代シビックは、若い層からもデザインが高く評価されていたそう。新型シビックは、個人的には、先代の「ガンダムチック」なディテールから、よりスリークで、大人の雰囲気が感じられます。市場でどう評価されるのか気になるところです。

(文:塚田 勝弘/写真:前田 惠介)