メルセデス・ベンツ「GLC」次期型、力強いフロントグリルを初公開!

■マイルドハイブリッド技術を備えた直列4気筒搭載、9速ATは標準装備

メルセデス・ベンツの大人気コンパクト・クロスオーバーSUV、『GLC』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス・ベンツ GLC_013
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

GLC次期型は1年以上前から走行テストを開始しており、幾度となくスクープしてきましたが、力強いシングルバーを備えるフロントグリルが初めて露出、新設計のLEDデイタイムランニングライトやテールライトの一部も確認できます。

またルーフにはシルバーのアクセントを初めて装着、ルーフラックのように見え、市販型に近づいている様子がうかがえます。

メルセデス・ベンツ GLC_004
メルセデス・ベンツ GLC 次期型プロトタイプ

市販型では主力モデル「Cクラス」新型とプラットフォームを共有、ボディが拡大されるとともに、「GLB」同様に7人乗りバリエーションの導入が予想されています。

基盤をCクラスから流用するため、その内部もセダンを反映している可能性があります。おそらく、新設計のマルチスポークステアリングホイールを装備、その後ろには自立型の12.3インチデジタルインストルメントクラスタを搭載するはずです。

センタースタックの開閉装置を置き換える11.9インチのインフォテイメントシステムも予想されますが、一部ではパノラマディスプレイも噂されています。

パワートレインもCクラスと共有すると予想され、マイルドハイブリッド技術を備えた直列4気筒ガソリンエンジンとディーゼルエンジンをラインアップ、9速オートマチックギアボックスが標準装備されるほか、遅れてプラグインハイブリッドオプションが追加されます。

そして頂点には4.0リットルV型8気筒に代わり、電動化された2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載するAMG「GLC 63」を設定、最高出力は500hp超えてくるはずです。

GLC次期型のデビューは、最速で2021年内か2022年前半と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?