「GRMNヤリス」が再びニュルに降臨! ヤリスの最強モデルプロトタイプをキャッチ

■フロントフェンダーには通気孔を隠す黒いテープ、300psオーバーか

トヨタは現在、コンパクトハッチ「ヤリス」の高性能モデル「GRヤリス」をラインアップしていますが、トラックに焦点をあてたハードコア「GRMN ヤリス」と思われる最新プロトタイプをカメラが捉えました。

トヨタ ヤリス_002
トヨタ ヤリス GRMN 開発車両

2020年10月にもGRMNらしきプロトタイプを捉えました。そのプロトタイプは、GRヤリスよりもボディがローダウンされ、カーボンらしきルーフをはじめ、フロントバンパー両サイドにウィングレット、フェンダーに巨大エアアウトレット、大型リアスポイラーなど過激なエアロパーツが装備されていました。

トヨタ ヤリス_009
トヨタ ヤリス GRMN 開発車両

しかし、最新プロトタイプではそれらを排除、一見ベースモデルとなるGRヤリスと変わりはないようですが、フロントフェンダーには通気孔を隠す黒いテープが貼られているほか、後部ではセンサーを装着。

そしてなにより、ナンバープレート「6001」が2020年に撮影された車両と同一であることから、同じプロトタイプによる複数のボディパーツで開発が進められていることがわかります。

ベースとなるGRヤリスのパワートレインは、1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力272psを発揮します。一方GRMNヤリスでは、同エンジンをブーストアップ、最高出力は300psオーバーが予想され、「GR-Four」全輪駆動システムを維持、両方の車軸にはオプションの「トルセンLSD」トルセンリミッドスリットデフが用意されます。

世界に衝撃を与えるであろうGRMNヤリスデビューは、2022年内と噂されています。

(APOLLO)