オフロード走行を楽しむキッズ向けファンバイク 「PW50」の2022年モデルが登場!

■「YZシリーズ」の2022年モデルとのコーディネートが図られたカラーとグラフィックを新たに採用

「ヤマハ親子バイク教室」など、子ども向けのオートバイ教室が各地で行われています。レースに参戦したり、親子の絆を深めたりと、子どもにオートバイを体感させる理由はさまざまでしょう。ルールを学び、身体のバランスを鍛えるなど、多くのメリットがありそうです。

ヤマハ PW50
2022年モデルの「PW50」が10月28日に発売される

ヤマハ発動機は、初代から40年以上続くキッズ向けファンバイクのロングセラーモデル「PW50」の2022年モデルを10月28日に発売します。

「PW50」は、全長1245mm×全幅610mm×全高705mmで、オートマチックエンジンを搭載。

このほど、発表された2022年モデルは、上級オフロードレーサーである「YZシリーズ」の2022年モデルとのコーディネートが図られたカラーとグラフィックが特徴。「PW50」は体重25kg以下の子ども向けオフロード入門モデルで、初代から40年以上続くロングセラー。

ヤマハ PW50
「YZシリーズ」の2022年モデルとのコーディネートが図られたカラーとグラフィックが特徴

スロットルを回すだけの簡単操作で走るオートマチックエンジンの採用をはじめ、扱いやすい軽量、小柄なボディ、メンテナンス負荷の少ないシャフトドライブ、自転車と同じ操作の左右レバー式ハンドブレーキなどにより、ビギナーでも扱いやすいのが特徴です。

搭載されるエンジンは空冷2ストロークの49cc。カラーは、ディープパープリッシュブルーソリッドのみ。価格は22万円。なお、公道での走行は不可です。

塚田 勝弘