開発車両の車高がさらに高くなった! ポルシェ911サファリ、市販型プロトタイプをキャッチ

■頑丈なホイールアーチとリフトアップされたボディ。「911 4S」がベースか?

ポルシェが開発を進めているオールラウンダー「911サファリ」市販型の最新プロトタイプがニュルブルクリンクに再出現しました。

ポルシェ 911サファリ_008
ポルシェ 911サファリ 市販型プロトタイプ

同ブランド伝説のラリー仕様「サファリ」を彷彿させるハイライディング911はこれまで何度か登場していますが、最後に発表されたのは、2012年のコンセプトカー「911ビジョンサファリ」です。

頑丈なホイールアーチとリフトアップされたボディ、ルーフにはライトバー、分厚いバンパーを装備し、インテリアは必要最低限に絞られ、ロールケージとバケットシートが備えられていました。

ポルシェ 911サファリ_007
ポルシェ 911サファリ 市販型プロトタイプ

2020年10月にニュルで捉えたプロトタイプは、911よりサスペンションが若干高くなり、ホイールアーチに発泡スチロールを付けていました。

しかし、今回目撃したプロトタイプでは、フロント&リアフェンダーにホイールアーチを固定、より整備されているう様子が伺えます。

またサスペンションはより高くなっているほか、フロントバンパー下部のコンポーネントが異なっていいるように見えます。おそらく、より高い最低地上高を可能にするための措置である可能性がありそうです。

ポルシェ 911サファリ_005
ポルシェ 911サファリ 市販型プロトタイプ

市販型では全輪駆動となるため「911 4S」がベースとなると予想されます。

パワートレインにハイブリッドも噂される911サファリのワールドプレミアは、2022年初頭に期待できそうです。

(APOLLO)