メルセデス・ベンツ EクラスのEVモデル「EQE」に、AMGバージョンの存在を確認!

■最高出力715psを発揮、航続479マイル(766.4km)、0-100km/h加速4.3秒

メルセデス・ベンツは現在、Eクラスのエレクトリックバージョンとなる「EQE」を開発中ですが、そのハードコアモデルとなる「AMG EQE」市販型プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG EQE_011
メルセデス AMG EQE 開発車両

すでに昨年、「EQE 43」「EQE 53」「EQE 63」の商標登録が、欧州連合知的所有県庁に特許申請されたことを確認していましたが、ついにその実車の撮影に成功しました。

メルセデス AMG EQE_006
メルセデス AMG EQE 開発車両

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、フロントにオレンジのブレーキキャリパー、分厚いホイール、通気性のあるフロントディスクなどを装着しており、これがAMGチューニングモデルであることがわかります。

しかし、ほかの視覚的変更は見当たらず、前出3グレードのうちエントリーモデルとなる「EQE 43」であることが予想されます。

市販型では、兄貴分「AMG EQS」と同様にメルセデスの「EVA」プラットフォーム上に構築されます。AMG EQSは最高出力715psとも噂されており、航続479マイル(766.4km)、0-100km/h加速わずか4.3秒というハイパフォーマンスが期待されています。一方AMG EQEでは、わずかに小さいバッテリーパックを積み、最高出力500ps以上が予想されています。

メルセデス・ベンツは、ベースのEQEを今秋に発表予定で、高性能AMG EQEは2022年以降となると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?